ニュース
» 2006年12月12日 14時49分 UPDATE

32V型でフルハイビジョン、シャープが「AQUOS」新モデル

シャープは12月12日、32V型フルハイビジョンパネルを搭載した「AQUOS Gシリーズ」2機種を発表した。32V型でフルHD解像度の液晶パネルを使用するのは業界初。

[ITmedia]

 シャープは12月12日、32V型フルハイビジョンパネルを搭載した「AQUOS Gシリーズ」2機種を発表した。12月22日発売予定で価格はオープン。店頭ではいずれも28万円前後になる見込みだ。

photo アンダースピーカータイプの「LC-32GS10」(写真)とサイドスピーカータイプの「LC-32GS20」をラインアップ。基本スペックは同一だ

 1920×1080ピクセルのブラックASV液晶パネルを採用した。輝度は450カンデラ。暗所コントラスト2000:1、明所コントラスト900:1。リビングルームのような明るい部屋でも「引き締まった黒と光り輝く白を表現でき、メリハリのある映像を楽しめる」(同社)という。視野角は上下左右176度。液晶パネルの特性改善とQS(Quick Shoot)技術により、動画応答速度は6ミリ秒を実現している。

 内蔵チューナーは地上デジタル、BSデジタル、CS110度デジタル各1とアナログ地上波。2系統のHDMI端子は、どちらも1080P入力と「AQUOSファミリンク」に対応し、AQUOSハイビジョンレコーダーやAQUOSサラウンドとケーブル1本で接続してさまざまな連携機能を実現する。そのほかの入力端子は、ビデオ4系統(S端子×2系統)、D4、DVI-I。i.Link(TS)端子も2つ備えた。

 外形寸法は、アンダースピーカータイプの「LC-32GS10」が815(幅)×118(奥行き)×602(高さ)ミリ、サイドスピーカータイプの「LC-32GS20」は、991(幅)×118(奥行き)×520(高さ)ミリ。重量はどちらも約17キロとなっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう