ニュース
» 2006年12月19日 20時04分 UPDATE

マスプロ電工、オートブースター内蔵の地デジ卓上アンテナ

マスプロ電工は、オートブースター(UHF自動利得調整機能)内蔵の地上デジタル放送用UHFアンテナ「SC2B」を12月20日に発売する。

[ITmedia]

 マスプロ電工は12月19日、オートブースター(UHF自動利得調整機能)内蔵の地上デジタル放送用UHFアンテナ「SC2B」を発表した。翌20日に発売予定。価格は1万4700円。

photo アンテナ(左)と電源ユニット(右)

 感度4〜5.5dBのアンテナにオートブースターを搭載。受信したテレビ信号を30dB増幅することで、電波の不安定な室内でも安定して受信できるという。またBS/CSミキサーを内蔵し、BS/CS110度のアンテナと混合可能。屋外に設置した場合、複数のアンテナで受信した電波を1本のケーブルで屋内に引き込める。

 アンテナ部の外形寸法は、131(高さ)×330(幅)×205(奥行き)ミリ。重量は約850グラム(スタンド含む)で、22〜49ミリのマストに設置可能。一方の電源部は、130(高さ)×68(幅)×99ミリ、約260グラムとなっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.