レビュー
» 2006年12月27日 21時23分 UPDATE

ワンセグもアナログ地上波も:Wチューナーの欲張りポータブルDVD、東芝「SD-P90DT」 (1/2)

東芝の「SD-P90DT」は、ワンセグとアナログ地上波チューナーの両方を搭載した贅沢なポータブルDVDプレーヤーだ。しかも、ポータブル機としては珍しいIPS液晶パネルを採用。視野角170度を誇る。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 東芝の「SD-P90DT」は、ワンセグとアナログ地上波チューナーの両方を搭載した贅沢なポータブルDVDプレーヤーだ。しかも、ポータブル機としては珍しいIPS液晶パネルを採用。視野角170度を誇る9V型の画面でテレビやDVDを楽しめる。

photophoto シックなデザインの「SD-P90DT」
photophoto アナログ地上波のアンテナ端子は一般的なF型コネクタ。家庭内のアンテナケーブルをそのまま接続できる。背面にはS端子、D2端子、光出力、AV入出力が並ぶ

 写真やスペックを見て気づいた人も多いだろうが、SD-P90DTは昨年末に登場した高級機「SD-P2800」とほぼ同じ筐体を採用している。液晶パネルなどの基本スペックにも大きな変化はなく、端的にいえばSD-P2800からメモリーカードスロットを省略し、代わりにワンセグチューナーを搭載したモデルだ。

 カラーリングも同じ。外側がブラック、内側がシルバーの落ち着いた配色は、オーソドックスなノートPCタイプのスタイルと合わせて“大人の雰囲気”を醸し出している。外形寸法は261(幅)×179(奥行き)×37(高さ)ミリ。イメージとしては、書斎の机などが似合いそうだ。

photophoto バッテリー。底面に装着すると5センチほどの高さになる

 付属のバッテリーは底面に取り付けるタイプ。結構大柄で、本体に装着すると厚さが50ミリ程度、重量は1.8キロ近くになる。そのぶん駆動時間は4時間半程度と長く、移動先でも腰を落ち着けてDVDやテレビを利用したい人には有り難いだろう。いずれにせよ、「Gigabeat」や「SD-P50DT」のように普段から気軽に持ち歩いてワンセグを視聴するというよりは、宅内や車載がメインの用途になりそうだ。

photophoto 付属品一覧。このほかにキャリングケースなどが付属する

 付属品は、リモコン、ACアダプタ、ヘッドフォン、外部アンテナ、AVケーブルなど。外部アンテナは、「SD-P50DT」などと同じワンセグ用の外付けアンテナだ。SD-P2800に入っていた地上アナログ放送用のヘリカルアンテナもほしいところだが、モバイル時はワンセグという判断なのだろう。このほか、車載用の12ボルト電源アダプタ、専用キャリングケースなども付属する。

 ちなみにキャリングケースは車載用途を強く意識したもの。「SD-P90DT」を開いた状態で運転席や助手席の背面に固定できる仕組みになっていて、たとえば家族でドライブするときは、子ども達が騒がないよう後部座席に向けてDVDやワンセグ放送を流しておくことが可能だ。また、側面に2つあるヘッドフォン端子や視野角の広い液晶画面といった仕様も複数人の同時視聴に適している。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.