インタビュー
» 2007年01月10日 21時01分 UPDATE

Macworld Conference & Expo2007:Apple TV、そしてiPhone――米アップル幹部インタビュー (1/2)

ジョブズ氏の基調講演で披露されたAppleの目玉製品はApple TVとiPhoneの2つ。その詳細に関してApple幹部の各製品担当者によるブリーフィングの機会が設けられた。

[後藤治,ITmedia]

 スティーブ・ジョブズCEOによる基調講演の後、Appleは日本のプレスに対して新製品に関するブリーフィングを行った。質問に答えてくれたのは、各担当プロダクトマーケティングのバイスプレジデントであるデビッド・ムーディ氏とグレッグ・ジョズウィアック氏の2名。写真撮影も許可されていない非常に短いセッションだったが、プレスの間からは質問が矢継ぎばやに飛んだ。

Apple TVのHDDは40Gバイトでも十分?

og_apple04_001.jpg

 まずはApple TVに関して。この製品に搭載される40GバイトのHDD容量は少ないのではないか、という指摘に対して、ムーディ氏は「多くの人たちにとっては適した容量ではないかと考えている」と回答。

 その理由として、「iTunesライブラリすべてをこれでまかなえる人が多いというのもあるが、iTunesには優れた管理機能が備えられているので、そのすべてをApple TVに送りだす必要はない。Apple TVに何を持ってくるかを簡単に決めることができる」と説明した。

og_apple04_002.jpg HDDは40Gバイト

 HDDに納められたコンテンツ変更もスピーディーに行える。「10/100BASE-Tイーサネットの場合には非常に速い。ワイヤレスでも幸いなことに802.11nをサポートしているので転送は高速に行うことができる」と同氏。

 今回のMacworldで同時発表された802.11n対応の新しいAirPort(国内ではAirMac)Extremeベースステーションを使えば、「高いスループットの恩恵に預かることができる。以前のAirPort Extremeと比べて5倍の速度で同期ができる」と話した。

og_apple04_003.jpg 802.11g/b/nに対応

 いずれにしても、iTunesのベースマシンとApple TVとの同期に時間がかかるのは初回のみで、後は差分をやりとりするだけなので、実用上は問題ないとの回答だった。

 また、ビデオのストリーミングにはイーサネットまたは802.11g/nが必要だが、そのストリーミング機能はiTunesとApple TV間で行われる。Apple TVへのストリーミングは最大5台まで可能だが「たいていの家庭ではこれで十分だ」としている。なお、Apple TVのストリーミング機能は受信のみで、「送信機能はない」と付け加えた。

og_apple04_004.jpg 5台のPCからストリーミングが可能、ただし逆の機能は持たない

 Apple TVのOSはiPhoneのようにMac OS Xなのではないかという質問については、「これは専用デバイスであり、iPodと同じようにiTunesベースのコンテンツを再生することを目的として作られたもの。iPhoneのようなマルチタスクは必要ない」と答えた。

 なお、Apple TVの出力解像度は720pまでだが、「1080iについてはサポートする計画だ」とコメントしている。

og_apple04_005.jpg 出力解像度は720pだが今後1080iがサポートされる可能性はある
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.