特集
» 2007年01月15日 10時39分 UPDATE

新作DVD情報:前後編が一挙リリース――「DEATH NOTE デスノート」

累計2400万部の売上げを誇るカリスマ・コミックを前後編で実写化した「デスノート」。2006年最大の話題作が前後編セット、各単品でいよいよDVD化。

[本山由樹子,ITmedia]

DEATH NOTE デスノート/DEATH NOTE デスノート the Last name complete set

photo
※ジャケット写真は前編のものです

 死神が気まぐれで人間にもたらしたノート。そこに名前を書かれたものは必ず死ぬ。そんな奇抜な設定とスリリングな展開で人気を集めた漫画「デスノート」。「週刊少年ジャンプ」で連載され、2400万部以上を売上げたこのカリスマ・コミックを映画化した「DEATH NOTE デスノート」のDVD化が決定した。

 前編「DEATH NOTE デスノート」と後編「DEATH NOTE デスノート the Last name」それぞれの単品と、前後編をセットにした「complete set」が3月14日に一挙リリース。単品は各3570円、セットは7140円。前後編各ディスクの特典にはTVスポット、劇場予告編、隠し映像を収録。 

 「complete set」は特典ディスクを加えた3枚組で、CD(「デスノート」スペシャル・トラック)、豪華ブックレットを同梱。特典はメイキング映像、秘蔵ドキュメント映像など約130分が予定されている。筒型ケース付き。

 死のノート=デスノートを拾った天才エリート大学生、夜神月(やがみライト)は、刑事局長を父に持ち、強い正義感に溢れていた。ところが、凶悪犯が野放しになる現実に絶望し、このデスノートを使って、「キラ」として凶悪犯を次々と粛正していく。犯罪者の不審死が相次ぎ、犯罪も激減したことから、人々は救世主「キラ」の存在を囁き始め、世論は「キラ」寄りに流れる。

 一方、警察はキラ対策本部を設け、懸命に捜査を続けるが、手掛かりさえもつかめなかった。そんな中、謎の名探偵Lが捜査に加わることに。抜群の推理力でキラ(ライト)の正体に迫ったとき、2人目のキラが出現して……。

 ライトの正体を暴いて逮捕しようとするLと、先にLの正体を暴いて殺そうとするライトの心理戦は緊迫感たっぷり。

 監督は平成版「ガメラ」シリーズの金子修介。主役のライトに藤原竜也、Lに松山ケンイチが扮する。特に松山ケンイチの原作との激似ぶりが評判となった。また、映画タイアップは初となるレッド・ホット・チリ・ペッパーズの主題歌も話題に。

 2006年6月17日に公開された前編は興収28.5億円を記録。パッケージリリースに先駆け異例の地上波放映となった10月27日の視聴率は24.5%をマークした。11月3日に公開された後編はこれが追い風となり、前後編あわせて80億円も視野に入る大ヒット。

 世界各国60社以上から上映オファーやリメイクオファーが殺到する中、Lのスピンオフ映画の製作も決定した。これは2008年公開予定。

 内容の面白さもさることながら、宣伝展開のウマさが目立った本作。DVDも2作同時にリリースされることで、購買意欲をより一層そそられそうだ。いずれにせよ、前後編イッキ見できることは、早く続きが見たいというイライラが解消され、嬉しい限り。

関連サイト:http://www.j-deathnote.com/(公式サイト)

この作品を購入したい→amazon.co.jp


DEATH NOTE デスノート/DEATH NOTE デスノート the Last name complete set
発売日 2007年3月14日
価格 7140円
発売元 バップ
販売元 バップ
スタッフ 監督:金子修介/原作:大場つぐみ、小畑健
出演 藤原竜也、松山ケンイチ、戸田恵梨香、津川雅彦、鹿賀丈史、藤村俊ニ、中村獅童
上映時間 126分、140分(本編)
製作年度 2006年
画面サイズ ビスタサイズ・スクイーズ
ディスク仕様 片面2層/3枚組
音声 (1)ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
特典 前編メイキング/後編メイキング/各種秘蔵ドキュメント映像/ティーザー/劇場予告編/TVスポット/スペシャルCD/ブックレット
仕様・収録内容は変更になる可能性があります

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.