ニュース
» 2007年01月23日 19時53分 UPDATE

7メガCCD+光学3倍ズームで2万円台のエントリー機「オプティオE30」

ペンタックスが、コンパクトデジカメ「オプティオE30」を発表。実売2万円前後のエントリー向けながら、有効700万画素CCD、光学3倍ズーム、2.4インチ液晶を薄型コンパクトボディに収める。

[ITmedia]

 ペンタックスは1月23日、コンパクトデジカメ「オプティオ E30」を2月下旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は2万円前後。

photo オプティオ E30

 新製品は「オプティオ E20」の後継となるエントリーモデル。実売価格2万円前後と安価ながらも1/2.5インチ 有効710万画素のCCD(オプティオ E20は600万画素)と光学3倍ズームレンズ(35ミリ判換算で36〜108ミリ相当)を搭載する。背面液晶も2.4インチと大型だ。

 露出や感度、ホワイトバランスといった撮影時の各種設定を自動的に行う「グリーンモード」を搭載するほか、各種撮影モードを液晶画面上のアイコンで選択できる「モードパレット」を備えており、デジカメの操作に不慣れなユーザーでも安心して扱える。

photo

 対応記録メディアはSDメモリーカードで、SDHCメモリーカードも利用可能。約11Mバイトのメモリも内蔵する。電源は単三形電池を2本使用。最大撮影枚数(CIPA規格)は、アルカリ乾電池で約200枚、リチウム電池で約760枚。本体サイズは94.5(幅)×61.5(高さ)×35.4(厚さ)ミリ、185グラム(電池/カード含む)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.