特集
» 2007年01月30日 11時26分 UPDATE

バイヤーズガイド:+αの音質と選ぶ楽しみ――“チョイ高級”イヤフォンの世界 (1/2)

ポータブルオーディオの最も簡単かつ効果的なチューニングはイヤフォンの変更。最近では製品バリエーションも充実しており、ちょっと財布のひもを緩めればさまざまなイヤフォンで+αの楽しみを得ることができる。今回は人気のカナル型を集めてみた。

[渡邊宏,ITmedia]
photo

 ポータブルオーディオを使う際、最も簡単かつ効果的なチューニングはイヤフォンの変更だろう。イヤフォンに限らず、オーディオ製品には個人的な好みが反映されるため、交換することがチューニングとイコールになるかといえばそうとは言い切れないが、交換することで音は明らかに変化する。

 ほんの数年前ならば「イヤフォンを交換したい」と思っても、それほど選択の幅は広くなかった。しかし、いわゆる“iPodエコノミー”の影響で、各社が多種多彩な製品を販売しており、販売店ではかなりの売り場面積を占めるまでになっている。価格帯も幅広く、数千円と安価なものから、5万円を超えるものまでバラエティに富んでいる。

 そんなイヤフォンだが、なかでも耳栓型(カナル型)の人気が高い。携帯に便利なほか遮音性が高く、一般的なイヤフォンに比べてさほど音量を上げなくても快適なリスニングが可能なことが人気の理由だろう。これまでカナル型と言えばSHUREやEtymotic Researchといった海外メーカーの製品が中心だったが、最近では国内メーカーも積極的に製品展開しており、1万円程度でもそこそこのグレードの製品が購入できる。

 そこで今回は1万円前後の“チョイ高級”イヤフォンを集めてみた。高くても3万円程度であるポータブルオーディオのアクセサリーとして考えれば少々高価かもしれないが、オーディオ製品としては考えれば決して高価とはいえない価格帯だ。なによりも、このクラスの製品ならば、交換するだけで標準添付品とは明らかに音質の変化、向上が期待できる。

 年末に新しくポータブルオーディオを購入した人も多いはずだ。+αの音質と選ぶ楽しみが味わえる、“チョイ高級”イヤフォンの世界をチェックしてみてはどうだろうか。

SHURE 「E2C」

photo

 以前から多くのカナル型イヤフォンをリリースしているSHUREの売れ筋モデル。透明なボディについては好みが分かれるところかも知れないが、同社製品の中では性能と価格のバランスに優れたモデルとして評価が高い。ただ、ケーブルが断線しやすいとの装着の仕方(耳穴にねじり込むようにぐっと差し込まないと本来の能力が発揮されない)には注意が必要だ。


Etymotic Research 「ER-6」

photo

 こちらもSHUREと同様、多くのファンを持つEtymotic Researchのベストセラー。SHURE E2Cと同様に非常にコンパクトなボディだが、SHURE E2Cに比較すると中域の柔らかさに特徴があるといわれる。フランジタイプの2段イヤーチップが標準で装着されているが、スポンジタイプのイヤーフォームも付属する。ちなみに、同社には「ER-6i」とはという製品もあるが、ER-6iの方が高域や倍音の表現力に優れると言われている。


Bose 「in-ear headphones」

photo

 スピーカー製品で多くのファンを持つ、BOSE初のカナル型イヤフォンがこの「BOSE in-ear headphones」(TriPort IE)。形式としてはインイヤー型に分類されるが、独自形状のイヤーチップで“耳に乗せる”ように装着する。ボディはやや大柄だが16ミリという大口径のドライバが搭載されており、低音が非常に豊かかで中音に暖かみのある、いわゆる「ボーズサウンド」を再現する。


JBL 「JBL Reference 220」

photo

 こちらもスピーカー製品で多くのファンを持つJBLが2006年末に初めて投入したカナル型イヤフォン。樹脂製のボディはややチープな印象を与えてしまうかも知れないが、小型イヤフォン専用に開発したトランスデューサーを搭載しており、伸びの良い、非常に素直なキャラクターを持つ。アンダーチン・ストラップとイヤーハンガーが付属しており、利用スタイルを変えられるのも特徴だ。


ソニー 「MDR-EX90SL」

photo

 フィット感と軽快感に優れる「N・U・D・E EXシリーズ」の最上位モデル。スタジオモニターとして知られる「MDR-CD900ST」の設計コンセプトを継承したというだけあって、1台1台音響調整を行うといった手間がかけられている。同製品としては中低音域の表現力が高く、開放感にあふれるも特徴。ただし、ドライバユニット面にホールがあり、遮音性はあまり高くない。姉妹品として、1台1台の音響調整を簡略化して低価格化した「MDR-EX85SL」も用意されている。


ケンウッド 「KH-C701」

photo

 カーオーディオやホームオーディオの印象が強いケンウッドだが、高品質なイヤフォンも用意している。それがこのKH-C701だ。バランスド・アーマチュアユニットを採用しており、繊細な音の表現を得意とする(バランスド・アーマチュアのユニットは補聴器に多く用いられるが、再生周波数範囲が狭くなりやすい)。2段式のシリコン製イヤーチップが標準装備されているが、スポンジ製も同梱される。


       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.