ニュース
» 2007年02月08日 21時03分 UPDATE

クラリオン、2Gバイトの大容量メモリを搭載したポータブルナビ

クラリオンはポータブルナビ「DrivTrax P5」を発表。車載用のノウハウが投入されているほか、2Gバイトの大容量メモリを搭載しており、約1100万件の住所を収録。

[ITmedia]

 クラリオンは2月8日、ポータブルナビゲーションデバイス「DrivTrax P5」を4月上旬より販売開始すると発表した。価格はオープン。

photo

 新製品は車載のみならずさまざまな用途に利用できる小型ナビデバイス。現在位置の測定にはSiRF製のGPSレシーバーを利用し、同社が車載用ナビゲーションで培った技術をモバイル機器向けにアレンジすることで、高精度なルート案内と利用しやすいインタフェースの両立を実現したという。

photophoto

 搭載する2Gバイトのフラッシュメモリに約1100万件(番地まで)の住所データや約800万件の電話番号、6万3657カ所の交差点名称、487ジャンルの周辺情報などを収録。地図縮尺は50メートルから100キロメートル単位まで11段階に切り替えが可能。住所/電話番号/50音/ジャンル/周辺/履歴の各トリガーから検索可能で、ルート検出に際しても距離優先/幹線優先/有料回避などのオプションを設定できる。

photophoto

 4.3インチのタッチパネル液晶を搭載しており、サイズは132(幅)×90.5(高さ)×22(奥行き)ミリ、198グラム。内蔵するリチウムイオンバッテリーで約4.5時間の連続利用が可能だ。SDカードスロットを搭載しており、SDカードに集力されたMP3/WMA/WAVの音楽ファイルの再生と、JPEG/BMP画像の表示を行うこともできる。

 パッケージにはブランケットや吸着式取り付けスタンド、シガーライター用電源アダプター、ACアダプターなどが付属する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.