ニュース
» 2007年02月23日 17時21分 UPDATE

デジタルラジオで“甘いサウンド”、ニッポン放送が4月に開局

ニッポン放送はデジタルラジオ局「Suono Dolce」(スォーノ・ドルチェ)を4月に開局する。ラブソング専門の“甘いサウンド”がウリだ。

[ITmedia]
photo デジタルラジオ対応端末のひとつ、「W44S」(KDDI)

 ニッポン放送は2月23日、デジタルラジオ実用化試験放送において、ラブソングを中心とする局「Suono Dolce」(スォーノ・ドルチェ)を2007年4月より開局すると発表した。「Suono Dolce」はイタリア語で「甘いサウンド」。

 国内屈指のビジネス街でもありながら、ファッションブランド店も多く軒を連ねる丸の内エリアをイメージし、「Work」と「Enjoy」、2つの顔を持つアーバンライフスタイルをデジタルラジオという新フォーマットに乗せて放送する。

 デジタルラジオでは初の試みとなる、1セグメントでの音声+簡易動画放送も行う。メインはあくまでも音声だが、音声にマッチした映像も同時配信することで相乗効果も狙う。

 インターネット上でも同一内容を放送するが、同社は日本レコード協会をはじめとした各音楽権利団体とインターネット送信に関する包括契約を締結しており、「Suono Dolce」で流された楽曲のほぼすべてをインターネット放送でも楽しめる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.