ニュース
» 2007年03月20日 18時06分 UPDATE

ハードディスクは着脱可能:日立、iVDR搭載の新型「Wooo」を発表 (1/2)

日立製作所は、リムーバブルHDD「iVDR-S」を搭載した初の薄型テレビ“Wooo”「01シリーズ」を発表した。「着脱可能なHDDを用いることで、容量を気にせずハイビジョン映像を録画できる」として、「iV(アイヴィ)ポケット」の愛称で訴求する。

[ITmedia]

 日立製作所は3月20日、リムーバブルHDD「iVDR-S」を搭載した初の薄型テレビ“Wooo”「01シリーズ」を発表した。液晶・プラズマ合わせて8機種を揃え、このうち5機種にiVDR-Sスロットを搭載。「新しいWoooは、テレビの視聴スタイルを変えるもの。着脱可能なiVDR-Sを用いることで、容量を気にせずハイビジョン映像を録画できる」とした。

photophoto “Wooo”「01シリーズ」とiVDR-Sメディア

 iVDR(Information Versatile Disk for Removable usage)は、日立や三洋電機、シャープなどが中心になって規格化した大容量リムーバブルメディアだ。既にアイ・オー・データ機器からはPC用外付けドライブが販売されているが、民生機での採用は今回が初めて。デジタル放送の録画を可能にする著作権保護技術「SAFIA」がD-paおよびBPAの認可を受け、製品化が可能になった。

 同社は、液晶テレビ側面に設けたiVDRスロットに「iV(アイヴィ)ポケット」の愛称をつけて訴求する構え。ラインアップは、フルハイビジョンの「XR01」シリーズ、ミッドレンジの「HR01」シリーズ、エントリーモデル「H01」シリーズの3シリーズ計8機種で、このうちXR01/HR01の計5機種に2.5インチiVDR-S対応の「iVポケット」を搭載した。また、同じくiVDR-S規格対応の250GバイトHDDを内蔵する。

型番 画面サイズ 方式 フルHD iVDR-S 発売日 店頭予想価格
P50-XR01 50V プラズマ 5月中旬 57万円前後
L37-XR01 37V 液晶 5月中旬 35万円前後
P42-HR01 42V プラズマ 4月20日 39万円前後
P37-HR01 37V プラズマ 4月20日 32万円前後
L32-HR01 32V 液晶 4月20日 25万円前後
P42-H01 42V プラズマ 4月20日 31万円前後
P37-H01 37V プラズマ 4月20日 26万円前後
L32-H01 32V 液晶 4月20日 20万円前後

ポケットを増やせばいい

 日立製作所ユビキタスプラットフォームグループ・マーケティング本部の吉野正則氏は、同社製薄型テレビの全出荷台数に対してHDD内蔵タイプの比率が70%(2007年見込み)に達する見通しを明らかにした上で、電通リサーチによるユーザー調査を引用しながら「HDDに録画しても、DVDやBlu-rayメディアに残す人は少ない」と指摘した。「録画番組を消すタイミングは『1回見た後』が50%、『HDD容量が一杯になったら』が28%。HDDが一杯になると、家族に消されてしまうこともある。それなら、HDDを増やせるようにすればいい」(吉野氏)。

photophoto iVDR-Sを紹介する吉野氏(左)。iVDR-Sスロット(iVポケット)は側面に装備している
photophoto 電通リサーチによる調査結果

 HDDをリムーバブルにすれば、家族それぞれが“マイディスク”を持ち、内蔵HDDから番組を移動できる。1人で使用する場合も、番組をジャンルごとに分けて記録するなど用途は広いという。もちろん、iVDR-Sメディアに対してもリモコン操作で番組の直接録画が行えるほか、iVDR-Sと内蔵HDDの間で相互にムーブやダビング(アナログ放送番組の場合)が可能だ。不要チャプターを除いてムーブすれば録画番組の簡易編集が行える。

photophoto リモコンには新たに「iVDR」ボタンを設け、直接録画時にストレージを選択できるようになった

 追加用のiVDR-Sメディアに関しては、日立マクセルが80Gバイトの「M-VDRS80G.TV」と160Gバイトの「M-VDRS160G.TV」を同時に発表した。いずれも転送速度は最大540Mbpsで、TSモードの番組は6倍速、TSEモード(XCodeHDによるトランスレート録画モード)は9倍速相当でムーブ可能だ(別記事を参照)。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.