ニュース
» 2007年04月11日 17時51分 UPDATE

高音質化したシンプルウォークマン「ウォークマン E」

USB端子を搭載したシンプルなフラッシュメモリプレーヤー「ウォークマン E シリーズ」が高音質化。デザインも変更された。

[ITmedia]
photo 高音質化した「ウォークマン E シリーズ」。外観は直線的なデザインに変更された

 ソニーは4月11日、USB端子を搭載したシンプルなフラッシュメモリプレーヤー「ウォークマン E シリーズ」の新製品を4月21日より販売開始すると発表した。新製品は「NW-E016」「NW-E015」「NW-E013」の3製品で、搭載メモリ量とカラーリング以外の仕様は同一だ。価格はいずれもオープンで、実売想定価格などは以下の通り。

製品名 搭載メモリ容量 カラー 実売想定価格
NW-E016 4Gバイト ブラック、バイオレット、ピンク 2万円前後
NW-E015 2Gバイト ブラック、バイオレット、ピンク、ブルー、ゴールド 1万4000円前後
NW-E013 1Gバイト ブラック、バイオレット、ピンク、ブルー、ゴールド 1万1000円前後

 新製品はスティックタイプの軽量ボディや内蔵USB端子といった既存Eシーリズ(関連記事)の特徴を引き継ぎながら、NW-S600/700から新搭載された高音質化技術「クリアオーディオテクノロジー」のうちセパレーション機能の「クリアステレオ」と引き締まった低音を再生する「クリアベース」を実装し、音質を高めた。また、13.5ミリという大口径の「EXヘッドフォン」が標準で付属する。

 スティックタイプのボディのサイズは82.9(幅)×22.4(高さ)×13.6(奥行き)ミリ、約29グラム。3行表示可能なカラー液晶ディスプレイを搭載しており、ジャケットアートなどの表示も行える。再生可能なファイル形式はATRAC/MP3/WMA/AAC/リニアPCMの5種類だが、DRM処理されたWMAとAACは扱えない。

photophotophoto ブラック(左)、バイオレット(中)、ピンク(右)
photophoto ブルー(左)とゴールド(右)。この2色はNW-E015(メモリ2Gバイト)、NW-E013(1Gバイト)のみの設定

 内蔵充電池で30時間の利用が可能なほか、約3分間の充電で約3時間の再生が可能な「スタミナ性能」も継承している。温良さのある楽曲を平均化する「ダイナミックノーマライザ」、臨場感のある音場を作り出す「バーチャルホンテクノロジー」などのサウンドエフェクトも搭載している。

 同時にアクセサリーも用意された。用意されたのはソフトキャリングケース「CKS-NWE010」にシリコンケース「CKM-NWE010」、クリップ「CLP-NWE010」、アームバンドとスポーツ用クリップをセットした「CKA-NWE010K」の4種類。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.