調査リポート
» 2007年05月01日 19時49分 UPDATE

まだ手に入らない、次世代の大画面テレビ

有機ELやSEDなど「次世代」ともいえる新方式の大画面薄型テレビへの関心が高い。ただ、それらが店頭で購入できるまでにはまだ時間がかかりそうだ。

[ITmedia]

 毎度お馴染みお手軽アンケート「Quick Poll」。今回は「次に買うならどのテレビ?」と題して、どんな種類(方式)のテレビに関心が高いのか調べてみた。

photo

 結果は以下の通り。“次”を具体的にどのくらい先の時期としてとらえるかで回答は変わってきそうな気はするが、現在の主流である液晶/プラズマをさしおいて有機ELがトップ、SEDも2位に食い込んだ。

 確かに各種の展示会で有機ELとSEDの画質に息をのむことは多い。FEDも同様だ。テレビディスプレイとしては完成の域にあるブラウン管の画質へ迫りながらも、高精細化や薄型化、大画面化を同時に実現しており、見慣れた液晶/プラズマとは「世代の違い」すらも感じさせる。

 ただし、「世代違い」というだけあって、有機EL/SED/FEDのいずれもまだ市場には登場していない。唯一、ソニーが2007年内に有機ELを実用化すると発表しているが、製品化が予想されている製品の画面サイズは11V型であり、一般ユーザーのリビングへ入り込む性質を持ったモデルではない。

 SEDはパートナーである東芝の動きが事実上止まっており、キヤノン1社での製品化を進めざるを得ない状況に陥ってしまったほか、北米での特許訴訟も解決しておらず、市場投入の時期は見えない。FEDは当面のところプロ向けモニターの代替機として計画されており、「テレビ」として登場するかは未知数だ。

 次のテレビをどのタイミングで購入するかによるが、「次世代の大画面テレビ」を店頭で選べる時期が来るまでにはまだ時間がかかりそうだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.