レビュー
» 2007年05月28日 20時31分 UPDATE

レビュー:iPod shuffleを超える?!セカンドプレーヤーに最適な「ZEN Stone」 (1/2)

クリエイティブメディアの「ZEN Stone」はディスプレイなし&小型軽量なメモリプレーヤー。1Gバイトで5000円を切る低価格さもあり、「セカンドプレーヤー」として最適だ。

[渡邊宏,ITmedia]

 ひところの新製品ラッシュは落ち着いたようだが、まだまだポータブルオーディオプレーヤーへの需要は高いようだ。ペースこそピーク時より落ちてはいるものの、各社から新製品が発表され続けている。

 しかし、単純に「音楽が再生できる」というだけの製品は少なくなり、それぞれに明確な個性を打ち出す製品が多くなっているのが最近の特徴だ。そうしたトレンドを大きく分けると、高クオリティイヤフォンの標準添付やノイズキャンセル機能の搭載、シャーシ設計までも含めた「高音質化の追求」と、小型軽量化や低価格化、カラーバリエーションの拡大と要素を前面に押し出した「携帯品としての利便性/高付加価値化の追求」に二分される。

 クリエイティブメディアの「ZEN STONE」は後者に属する製品だ。

photo ZEN STONE(ブラック)

 液晶ディスプレイすらも省くことで18.5グラムという軽量さを実現しており、サイズは約53.7(幅)×35.3(高さ)×12.8(奥行き)ミリ。1Gバイトのフラッシュメモリを搭載する。市場的には、大きさといい搭載メモリ量といいiPod shuffleの対抗馬として位置づけられる製品といっていいだろう。

 両製品で最も異なるのは価格とサポートするファイル共有。iPod shuffleが9800円であるのに対して、本製品は4980円とほぼ半額(価格はいずれも直販価格)。本製品はMP3とWMA(DRMはWindows DRM9まで)の再生が可能だがAACは再生できない。カラーもiPod shuffleが5色展開であるのに対して、/ホワイト/ピンク/ダークブルー/レッド/ライムグリーンの全6色を用意する。

photophoto 全6色を用意するが、レッドとライムグリーンは直販サイト「クリエイティブストア」限定となっている(左)、iPod shuffleとの比較(右)

 本体は主に曲線で構成されており、玉石のような、小柄ながらもインパクトのあるデザインとなっている。ボディの素材は樹脂で金属的な高級感は持たないが、表面の光沢処理と相まって、チープというより、可愛らしさを伝えてくる。個人的には、ライムグリーンやピンクといった明るい色調には金属よりも樹脂の方がマッチすると思う。

 液晶ディスプレイを備えないため、操作インタフェースは非常にシンプルだ。正面には電源スイッチを兼ねる再生/一時停止ボタンを中心に、音量調整と曲送り/戻しのボタンが配置されるのみ。側面のスライドスイッチは再生モードの切り替え(リピート/シャッフル)とフォルダスキップに利用する。

photophoto ボタン類のスペースには十分な余地があり、ツメの先で操作する必要はない
photophoto イヤフォンジャックは上側面、USB端子は下側面に用意される

 なお、本体にストラップホールは用意されているもののクリップは備えない。ジャケットの襟などに取り付けたい場合には、オプションの「クリップ付シリコンスキン」を別途購入する必要がある。ただ、シリコンケースを装着するとわずかではあるが、本体が一回り大きくなり、軽快感は低下する。「クリップだけほしい」と考えるユーザーにとっては判断が難しいところも知れない。

photophotophoto 正面から向かって左側面に用意されているストラップホール(左)、「クリップ付シリコンスキン」の装着時(中)(右)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.