ニュース
» 2007年06月11日 18時39分 UPDATE

手書き入力対応のワンセグ電子辞書

シャープの「ワンセグ電子辞書」に手書き入力機能を搭載したモデルが発売される。ワンセグ機能に関しても改良が加えられた。

[ITmedia]

 シャープは6月11日、同社電子辞書「Papyrus」の新製品として、手書き入力機能を備えたワンセグ機能搭載モデル「PW-TC920」を6月29日より販売すると発表した。価格はオープンで、市場予想価格は5万5000円前後。ワンセグ機能を搭載した同社製電子辞書としては、「PW-TC900」に続く第2弾となる。

photo

 新製品は、同社の電子辞書で好評な手書きパッドを搭載し、読めない漢字などを手書きで検索することができる。また入力した文字の認識を自動/手動に切り替えられる「認識切替」機能も備える。

 ワンセグの受信感度も高められたほか、視聴する地域の都道府県を入力すれば自動的に受信可能な放送局を検索し、登録することができる「選局リスト」機能を備えた。

 4.3インチの高輝度カラーASV液晶(解像度は480×272ピクセル)を搭載し、イヤフォンには高磁力ネオジウムマグネットとOFCリッツ線を使用したものを新たに採用。SDカードスロットも備えており、コンテンツの追加やデジカメの画像ファイル、電子書籍、MP3の表示/再生もできる。

 搭載したコンテンツは全40種類。「スーパー大辞林 3.0」では動物や植物の画像を約1000点収録し、カラーで見ることができるほか、「医者からもらった薬がわかる本2007」や「パソコン用語事典2007」「経済新語辞典 07」など、幅広いジャンルのコンテンツを揃えた。

 本体サイズは約132(幅)×約91.7(奥行)×約24(高さ)ミリ(突起部含む)で重さは約300グラム(充電池、タッチペン含む)。カラーはブラックとレッド。

関連キーワード

電子辞書 | Papyrus | シャープ


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう