ニュース
» 2007年06月14日 20時41分 UPDATE

日当は2万円から:人型ロボット「wakamaru」、派遣社員になる

人型ロボット「wakamaru」(ワカマル)のレンタルが開始される。ロボ派遣さんだ。

[ITmedia]
photo 人型ロボット「wakamaru」(ワカマル)

 三菱重工業は6月14日、人型ロボット「wakamaru」(ワカマル)のレンタルを開始すると発表した。レンタルそのものはダイワラクダ工業を介して実施し、1日あたりの料金は2万1000円から(レンタル期間で変動あり。輸送費、操作オペレーター派遣費など別)。

 wakamaruは2003年に初公開されており、2005年には台数限定ながらも一般販売も行われたロボット。登場以来さまざまなアップデートが施されており、現在では空間を把握しての自律走行、人を検知し視線を合わせながらの会話を行うなどのコミュニケーション能力も備えている。昨年行われた愛・地球博をはじめ数多くのイベントで受け付けや案内、紹介などの“業務”をこなしている。

 レンタルされるwakamaruは専用のタッチパネルと連動するようになっており、企業や病院の受け付けをはじめ、イベントでの製品紹介やじゃんけんショーなどでの活躍が期待できる。自律移動機能を備えているので、来客を応接スペースに誘導するといったこともできる。

photo

 1日あたりのレンタル料金は2万1000円(21〜30日間レンタル)〜12万6000円(1〜5日間レンタル)。受け付けや案内業務に利用したい場合は、別途PCやタッチパネルのレンタル料金が必要となる。

関連キーワード

ロボット | wakamaru


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.