ニュース
» 2007年06月14日 20時21分 UPDATE

エヴァ制作現場が使用する、特製ヘッドフォン登場

9月に公開予定の「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序」を記念したオーディオテクニカ特製ヘッドフォン。製作現場で実際に使われるものだという。

[ITmedia]

 音楽補完計画発動――9月1日に公開予定の映画「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序」を記念して、エヴァンゲリオンとオーディオテクニカのコラボレーションが実現した。同企画のためにオーディオテクニカが開発した特製ヘッドフォンが9月29日より販売される。発売元はキングレコードで、製品名はSCRH-00006。商品タイトルはまだ決まっていない。同製品は予約者優先の限定生産で、予約受付は既にアニメ専門店やオンラインショップにて開始されている。締め切りは7月27日。価格は2万4800円だ。

photo 公開されたCG画像

 ヘッドフォン本体にはエヴァンゲリオン初号機をイメージしたデザインを採用し、「EVANGELION」「audio-technica」のネームと新劇場版で使われる新しい「NERVマーク」を入れた。音作りにおいては、「新世紀エヴァンゲリオン」の各種楽曲レコーディングを担当し、新劇場版でも制作の現場となるキング関口台スタジオとそのエンジニアが監修する。また、このヘッドフォンは新劇場版の制作現場で実際に使用される。

 さらに特典として、「残酷な天使のテーゼ」や「魂のルフラン」などを手がけた大森俊之氏の協力のもと、ヘッドフォンの音質特製に合わせたオリジナルリマスタリングを施した「Reference CD」を付属した。また、ジャケットイラストは新劇場版で監督を勤める鶴巻和哉氏が担当する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.