ニュース
» 2007年06月27日 13時49分 UPDATE

2008年で誕生50周年:史上最大の「野球盤」

エポック社は、「野球盤」の新製品「野球盤メガスタジアム」を11月(予定)に発売する。

[ITmedia]
photo 「野球盤メガスタジアム」

 エポック社は、「野球盤」の新製品「野球盤メガスタジアム」を11月(予定)に発売する。縦横サイズが600×600ミリと過去最大。フィールド面積は、現行「野球盤DX」の約2倍となる。

 ピッチャーからバッターのまでの投球区間は18.44センチ。これは「実際の投球区間である18.44メートルの100分の1スケールを実現した」(同社)。また、スタンドは立体的な2階建て構造となり、プレイ中の手間を減らすためにキャッチャーからピッチャーへの返球をボタン1つで行えるようにしている。

 もちろん「消える魔球」は健在。さらに野球盤ファンから要望が多かったという「フィールドの人工芝」や「スイッチバッター」も復活した。

 価格は9980円。パッケージサイズは620(幅)×620(奥行き)×120(厚さ)ミリ。対象年齢は5歳以上。

関連キーワード

野球盤 | エポック社


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.