ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年07月30日 15時32分 公開

緊張感エブリウェア、「自爆ボタン・モバイル」

キューブとザリガニワークスは「自爆ボタン」の新製品、「自爆ボタン・モバイル」を発売する。(ムダな)緊張感を常時携帯できる。

[ITmedia]

 キューブとザリガニワークスは7月30日、「自爆ボタン」の新製品「自爆ボタン・モバイル」を9月上旬より販売開始すると発表した。価格は1260円。販売はキューブより行われる。

photophoto 自爆ボタン・モバイル

 「欲しいロボはコレじゃな〜い」という微妙なニセモノ感やカッコ悪さで人気の「コレジャナイロボ」を世に送り出したザリガニワークスの雑貨レーベル「太郎商店」の人気商品「自爆ボタン」。「自爆ボタン・モバイル」は自爆ボタンシリーズ最小(同社)のコンパクトさが特徴だ。

 ムダに緊張感をあおる透明のカバーを押し上げてボタンを押すと、LEDが点滅しながらカウントが行われ、ついには爆発音が鳴り響く。スイッチなど実用的な機能はまったく備えないが、ドクロマークと目に刺さるような真っ赤なボタンは神経に適度な刺激を与えてくれること間違いなしだ。

photo

 付属ストラップで携帯電話につけるもよし、同じく付属のキーチェーンでカバンにぶら下げるのもよし。両面テープ付きの専用ホルダーで部屋の壁に取り付けてもよし。ふとした弾みで自爆ボタンを押してしまうという緊張感を常に携帯できる。サイズは4.2(高さ)×3.2(幅)×2.3(厚さ)センチ、カラーはブラック/グリーン/クリアの3色が用意される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.