ニュース
» 2007年08月08日 18時48分 UPDATE

シャープ、カンタンお掃除の除菌イオン加湿器

シャープが加湿器の新製品を3機種発表。除菌イオン機能を備え、上位機種は吹出口の取り外しが可能でお手入れも簡単。

[ITmedia]

 シャープは8月8日、加湿器の新製品3機種を9月1日より販売すると発表した。価格はいずれもオープン。実売想定価格は、加熱気化方式の「HV-U70CX」が2万5000円前後、「HV-U50CX」が2万1000円前後。気化加湿方式の「HV-U30CX」が1万7000円前後。

photophoto HV-U70CXとHV-U50CXは同じボディを採用(左)、HV-U30CXはひとまわり小さい(右)。カラーはいずれもブルー系とチャコール系を用意した
製品名 HV-U70CX HV-U50CX HV-U30CX
加湿方式 加熱気化方式 ヒーターレス気化方式
加湿量 680ミリリットル/時間 500ミリリットル/時間 270ミリリットル/時間
適応床面積 最大18畳 最大14畳 最大7畳
タンク容量 約4.2リットル 約2.4リットル
消費電力 290ワット 185ワット 15ワット

 全機種ともに、除菌イオン機能を備え、結露によるカビの発生やウイルスの繁殖を抑える効果を持つ。また、加湿をせずに除菌イオンの単独運転もできる。給水タンクは口の広い「オールラウンドクリアータンク」を採用し、奥まで手が入れやすく、簡単に掃除が可能。加湿フィルターには抗菌と防カビ加工を施し、汚れや水あかによる加湿機能の低下を抑制、1カ月に1回のメンテナンスで約18カ月使用可能だという。カラーはブルー系とチャコール系の2種類。

 リビングルーム向きのHV-U70CX/U50CXは「ワンタッチ着脱式吹出口」を採用した。従来は掃除の難しかった吹出口の丸洗いが可能なほか、吹出口内部も手軽に掃除できる。また、加湿フィルターに温風を約1時間あてる「フィルター乾燥機能」を搭載し、生乾きを防止。さらに、「除菌イオンシャワー機能」を備え、人の出入りなどで浮遊した菌の除去力を高めている。サイズは385(幅)×170(奥行き)×372(高さ)ミリ。

 パーソナルルーム向けのHV-U30CXは「ヒーターレス気化加湿方式」の採用により、消費電力15ワットを実現した。サイズもひとまわり小さく、322(幅)×159(奥行き)×316(高さ)ミリとなる。

関連キーワード

シャープ | 加湿器


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.