ニュース
» 2007年09月11日 15時28分 UPDATE

カードボディにノイズキャンセル、ソニーが新ウォークマン

ソニーがウォークマンの新モデルを発表。動画再生可能なスリムなカードボディにノイズキャンセル機能を搭載した。

[ITmedia]

 ソニーは9月11日、ウォークマンの新製品として「NW-S710Fシリーズ」「NW-S610Fシリーズ」を10月20日より販売開始すると発表した。メモリ容量の違いでNW-S710Fシリーズには3モデル、NW-S610Fシリーズには2モデルが用意され、いずれも価格はオープン。実売想定価格は以下の通り。

photo NW-S710Fシリーズ(ブルー)
製品名 メモリ容量 実売想定価格 備考
NW-S718F 8Gバイト 2万7000円前後 ノイズキャンセリング(NC)機能搭載
NW-S716F 4Gバイト 2万1000円前後 NC機能搭載
NW-S715F 2Gバイト 1万7000円前後 NC機能搭載
NW-S616F 4Gバイト 1万8000円前後 NC非搭載
NW-S615F 2Gバイト 1万4000円前後 NC非搭載

 新製品は「NW-A805」(レビュー)を含む、ウォークマン Aシリーズと同様のカードタイプデザインを採用。製品名こそは「NW-S703F」(レビュー)と同様にNW-Sで始まる「Sシリーズ」だが、これまでのスティックタイプから大幅なデザインチェンジが行われた。

photophotophoto
photophoto 左上からホワイト、ピンク、シルバー、ブラック、レッドの各カラー。ホワイト/レッド/ブラックはNW-S710Fシリーズのみ、シルバーはNW-S610Fシリーズのみに設定される

 前面には1.8型カラー液晶を搭載しており(NW-Aシリーズは2.0型)、動画再生にも対応する。再生可能なコーデックはMPEG-4(SP/最大ビットレート2.5Mbps)とAVC(H.264/AVC)Baseline Profileレベル(最大ビットレートは768kbps)、音声コーデックはAAC-LC(最大2チャンネル、最大ビットレートは1チャンネルあたり288kbps)。動画再生時には画面の縦/横表示切り替えが可能で、切り替え時には対応するボタンも切り替わる。

photo NW-S710Fシリーズの本体上部に設けられたノイズキャンセル機能のON/OFFボタン

 上位モデルのNW-S710Fシリーズはノイズキャンセリング機能を搭載しており、周囲の騒音を最大で約1/4まで低減する。低減効果自体はNW-S703Fなど既存のNW-Sシリーズでも最大で1/4をうたっていたが、新製品では本体上部にオン/オフのスイッチが設けられており、利便性が向上している。

 NW-S710F/S610Fのいずれも13.5ミリ径ドライバーを搭載した大口径イヤフォンや圧縮によって失われる高音域を補完する「DSEE」(Digital Sound Enhancement Engine)、ステレオのL/Rを明確に分離する「クリアステレオ」、ひずみのない重低音を再生する「クリアベース」といった各種の高音質化技術をシリーズ製品に引き続き備えている。

 大型液晶を備えたことで、楽曲選択時の操作性も向上した。1画面に16枚のアルバムアートを一覧表示させるほか、漢字表示のアーティストを50音で検索する「50音順検索」、アーティスト名をイニシャル(カナ/英数)で検索する「イニシャルサーチ」といった機能も備える。PCから静止画像を転送し、閲覧することも可能だ。

 再生可能な楽曲ファイルの形式はMP3/WMA/ATRAC(ATRAC Advanced Lossless含む)/AAC(HE-AAC含む)/リニアPCM。DRM処理されたWMAとAACは再生できない。連続再生時間は音楽再生時で約33時間(MP3再生時/ATRAC再生時は約30時間)、動画再生時で約9.5時間。FMラジオとダイレクトエンコーディング機能も備える。インタフェースには「WM-PORT」を備えており、対応ネットジュークなどと接続すればPCレスでの楽曲転送が行える。

 本体サイズはNW-S710Fシリーズが、約42(幅)×79.5(高さ)×11.5(厚さ)ミリ、約52グラム。NW-S610Fシリーズが約42(幅)×79.5(高さ)×11.5(厚さ)ミリ、約50グラム。

photophotophoto 同時にシリコンケース「CKM-NWS610」やアームバンド「CKA-NWS610」、専用クリップ「CLP-NWS610」などのアクセサリーも販売開始される

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.