ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年09月13日 12時05分 公開

オリンパス、軽量薄型のシンプルデジカメ「CAMEDIA FE-220D」

オリンパスイメージングが、最薄部20ミリのスリムボディと710万画素CCDを組み合わせたコンパクトデジカメ「CAMEDIA FE-220D」を発表した。

[ITmedia]

 オリンパスイメージングは9月13日、コンパクトデジタルカメラ「FE(フレンドリー&イージー)」シリーズの新製品「CAMEDIA FE-220D」を9月22日から販売すると発表した。価格はオープン。実売想定価格は2万3000円前後。

photo CAMEDIA FE-220D

 新製品は、ボディの厚さがレンズ部で22.4ミリ、最薄部では20ミリというスリムモデル。ステンレスの外装でスタイリッシュな印象に仕上げている。「撮影ボタン」や「再生ボタン」など、使用頻度の高いボタンを独立させたシンプルな操作パネルを採用。また、ダイヤルやボタンを動かすと液晶に機能のガイドが表示される「ガイド機能」や、「シーンプログラム」を搭載するなど、扱いやすさに重点を置いて設計されている。

 710万画素の1/2.5インチCCDを搭載。レンズは、35ミリ判換算で焦点距離38-114ミリの光学3倍ズームレンズを採用した。F値はF3.1-F5.9。レンズ構成は、非球面レンズ4枚を含む5群6枚。ディスプレイは2.5インチのTFTカラー液晶を装備する。

 本体サイズは92(幅)×55(高さ)×22.4(奥行き)ミリで、重さは122グラム(電池、カード含まず)。リチウムイオン充電池を電源とし、約180枚の撮影が可能(CIPA規格)。メディアはxD-ピクチャーカードで、6.5Mバイトの内蔵メモリも備えている。

関連キーワード

オリンパス | CAMEDIA | CCD | デジカメ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.