ニュース
» 2007年09月13日 14時33分 UPDATE

ヤマハ、Bluetooth搭載のマルチメディアスピーカーシステム

ヤマハは、Bluetoothを搭載した携帯電話やパソコンとワイヤレス接続できるスピーカー「NX-B02」などマルチメディアスピーカーシステム3製品を10月下旬に発売する。

[ITmedia]

 ヤマハは9月13日、Bluetoothを搭載した携帯電話やパソコンとワイヤレス接続できるスピーカー「NX-B02」などマルチメディアスピーカーシステム3製品を発表した。価格はオープンプライス。10月下旬に販売する予定だ。

photo 左からBluetooth対応の「NX-B02」、USBパワードスピーカー「NX-U02」、マルチメディアスピーカー「NX-A02」。いずれもカラーバリエーションはブラック、ホワイト、レッドの3色で、光沢のあるピアノ調仕上げを施した
製品名 概要 カラー 価格 発売日
NX-B02 Bluetoothワイヤレススピーカーシステム ブラック、ホワイト、レッド 2万4800円前後 10月下旬
NX-U02 USBパワードスピーカーシステム ブラック、ホワイト、レッド 1万8800円前後 10月下旬
NX-A02 マルチメディアスピーカーシステム ブラック、ホワイト、レッド 1万8800円前後 10月下旬

 3製品とも84(幅)×84(奥行き)×170(高さ)ミリのコンパクトな筐体にステレオスピーカーとアンプを一体化したコンパクトなパワードスピーカーシステム。スピーカーユニットは4.5センチフルレンジ×2で、ヤマハ独自の「SR-Bass」(Swing Radiator Bass)を左右にそれぞれ装備したツインSR-Bass方式を採用している。キャビネット容量は従来製品(NX-A01)と比べて2倍になった。

 「NX-B02」は、Bluetooth2.0+EDRをサポートするワイヤレスモデル。A2DPに対応したBluetoothレシーバーを搭載しており、同プロファイル対応のパソコンや携帯電話と組み合わせると楽曲のワイヤレス伝送と再生が可能になる。また3.5ミリ径ステレオミニジャックのアナログ音声入力も備えているため、接続する機器を選ばない。電源は、付属のACアダプタ、または単三形乾電池×4本の2電源方式を採用している。

 「NX-U02」は、PCのUSB端子から電源を供給するUBバスパワー専用設計だ。USBケーブル1本で信号伝送と給電を同時に行えるため、パソコンの周囲をスッキリとレイアウトできる。また、同社独自の「パワーストレージ回路」採用により、瞬間パワーで10ワット×2、ダイナミックパワー6ワット×2と、一般的なUSBバスパワー接続に比べ約20倍に相当する出力を実現したという。

 「NX-A02」は、3.5ミリ径ステレオミニジャックのアナログ音声入力を備えたシンプルなマルチメディアスピーカー。電源にはACアダプタを使用する。

関連キーワード

スピーカー | ヤマハ | Bluetooth


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.