ニュース
» 2007年09月18日 13時10分 UPDATE

BD-Rの低価格化にめど、有機色素記録膜BD-Rが実用化

パイオニアと三菱化学メディアが有機色素記録膜を利用した追記型Blu-ray Discの実用化に成功。BD-Rの低価格化が進むものと期待される。

[ITmedia]
photo 有機色素記録膜のBD-R(試作品)

 パイオニアと三菱化学メディアは9月18日、有機色素記録膜を利用した追記型Blu-ray Discの実用化に成功したと発表した。有機色素を利用するディスクはCDやDVDの生産ラインでも小規模の改造で製造可能となるため、BD-Rの低価格化が進むものと期待される。

 両社は2004年より記録膜に有機色素を利用する追記型Blu-ray Discの開発を進めてきたが、パイオニアがディスク構造設計と試作ディスク評価、互換性検証などを、三菱化学メディアが素材改良とディスク試作を担当し、この度、2倍速の有機色素記録膜を利用したBD-Rの開発に成功したという。

 規格の面では有機色素系BD-R対応の記録方式(Low to High方式)が、今春にBlu-ray Disc Recordable Format Ver.1.2へ採用されており、製品化の土壌は整っていた。

 両社は金属窒化記録膜を利用したBD-Rの開発・製品化も行っており(三菱化学メディアが金属窒化記録膜利用の2倍速対応BD-Rを販売している)、さらなる多層/高速記録に対応する技術開発にも成功したと発表した。詳細については10月2日より行われる「CEATEC JAPAN 2007」にて展示される予定。

関連キーワード

Blu-ray | CEATEC


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.