インタビュー
» 2007年10月05日 19時11分 UPDATE

CEATEC JAPAN 2007:液晶テレビの画質を向上させる「ドルビービジョン」とは? (1/2)

ドルビーが発表した「ドルビーコントラスト」と「ドルビービジョン」。LEDバックライトと局所輝度制御を組み合わせ、液晶テレビの画質を劇的に向上させるという技術だ。その詳細を聞いた。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 米Dolby Laboratoriesは、「CEATEC JAPAN 2007」の会場で新しい映像技術「ドルビーコントラスト」と「ドルビービジョン」を発表した。LEDバックライトと局所輝度制御を組み合わせ、液晶テレビの画質を劇的に向上させるという。その詳細について、同社映像技術マーケティングディレクターのGuido Voltolina氏とビジネスラインディレクターのBharath Rajagopalan氏に聞いた。

photo 同社映像技術マーケティングディレクターのGuido Voltolina氏(右)とビジネスラインディレクターのBharath Rajagopalan氏(左)。中央は音声技術「ドルビーボリューム」の説明をしてくれたテクノロジーエバンジェリストディレクターのJack Buser氏。同技術については改めて取り上げる

――早速ですが、新技術の概要を教えてください

Rajagopalan氏: まずは前方にある3つの液晶テレビを見てください。左側はあるメーカーが使用している10bit 液晶パネル、右は日本のトップメーカーが販売している最新型(8bitパネル)です。そして中央にあるのは、やや古い型の液晶パネルにLEDバックライトと局所輝度制御技術を組み込んだものです。

photo 真っ黒でよく見えないが、中央にLEDバックライトの液晶テレビがある。電源オンの状態でも真っ黒にできるのはLEDバックライト最大のメリットだ

 左右のテレビはバックライトがCCFL(冷陰極管)ですから、何も映っていない画面もグレーに浮いてしまいます。これは液晶パネルが完全に光をブロックできないために起こることで、CCFLと液晶パネルを使っている限りは改善の余地がありません。全画面輝度制御では“白浮き”は抑えられません。でもLEDバックライトなら、オフにすると真っ黒にできます。

photo

 さらに、われわれの局所輝度制御を加えると、黒をより黒く表現するだけでなく、中間階調も滑らかなグラデーションになります。(映像を表示して)見比べてください。従来の液晶テレビでは暗部のディティールが失われてしまいますが、中央の画面では(映像の)暗い部分の中にあるものがしっかりと見えているでしょう?

――中では、どのような処理が行われているのですか?

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.