連載
» 2007年10月16日 03時41分 UPDATE

橘十徳の「自腹ですがなにか?」第14回:ジョギングのお供は“スピードと距離”もわかる心拍計 (1/2)

1カ月ほど前にジョギングを始め、すっかりハマってしまった。そこで欲しくなったのが心拍計。身体にどれくらい負担がかかっているかを確認できるし、ペース配分の目安にもなる。しかも最近は、距離を測る機能も付いているというから驚きだ。

[橘十徳,ITmedia]

 1カ月ほど前、ふと思い立ってジョギングを始めてみた。夜、仕事が終わったあとに5〜10キロほど走っているのだが、これがなんとも楽しい。身体が軽くなってストレス解消になるし、なんだか仕事の集中力も上がってきたような気がする。今では走らないとなんだか1日が終わらないような気分になってしまった。

 さて、ジョギングにハマったことで欲しくなったものがある。それは心拍計だ。走行中に心拍数を測ることで、身体にどれくらい負担がかかっているかを確認できるし、ペース配分の目安にもなる。しかも最近は、距離を測る機能も付いているというから驚きだ。そんなわけで今回は、アメアスポーツジャパンが販売する「スント ランニングパック」を買ってみた。

photo 「スント ランニングパック」。シンプルなパッケージだ

距離計がセットになった北欧製の心拍計

 スントはフィンランドの時計メーカーで、デザインの優れたアウトドアウォッチで有名だ。筆者も前からこのメーカーの時計を欲しいとは思っていたのだが、ちとお値段的に高かったので購入を躊躇していた。アウトドアウォッチなら国内メーカーでも安くて高品質なものがたくさん売られているので、デザインに惹かれたという理由だけで高いものを買う気には今ひとつなれない。しかし、心拍計という付加価値があれば別だ。ジョギング中に無理をしすぎて倒れてしまう人も少なくないことだし、体調管理のためということであれば自分でも納得できる。

 今回購入した「ランニングパック」は、心拍計の「t3 Black」に、走行スピードと距離を測るための「Foot POD」をセットした商品だ。「t3 Black」には胸に巻いて心拍数を測るためのトランスミッターベルトが標準添付されているので、計3つの機器がパッケージに入っている。この商品はさまざまなネットショップで扱っているが、ワタクシが調べた中で安かったのは「Yodobashi.com」。税・送料込み3万500円で、ポイント還元を考えると最安だったので、ここで購入した。

photophoto 心拍計の本体。バンドはゴム製(左)。トランスミッターベルトの電極部分(右)

走行スピードと距離が測れるFoot POD

 実は心拍数を測るためだけならもっと安い商品が他にもたくさんある。今回この商品を選んだのは、「Foot POD」に興味があったからだ。これは走行スピードと距離をリアルタイムに測るための機器で、ランニングシューズに取り付けて使う。ジョギングの初心者は、自分が走れる距離が伸びていくのを実感するとやる気が出てくるので、距離が測れるというのはけっこう重要なのである。

 市街地は単純に直線上を走るわけではなく、ときにはさまざまな障害物を避けるために迂回したりしなければならないので、地図上で正確な距離を測るのは難しい。ところがこの「Foot POD」なら、自分が走った分だけの距離を正確に測れるし、走行スピードがわかることでペース配分も調節できる。しかもGPSと違って電波が受信できない場所でも使用可能だ。これは心拍数が測れるということ以上に魅力的である。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.