ニュース
» 2007年10月23日 08時30分 UPDATE

“完全ワイヤレス”で、HMDはファッションになるか? (1/2)

オリンパスが完全ワイヤレスのHMD試作機を開発。眼鏡メーカーとコラボしたオリジナルデザインでバッテリーも本体に内蔵。ファッション性を求めたという試作機の完成度は?

[山田祐介,ITmedia]

 オリンパスの未来創造研究所が試作機として開発した「モバイル Eye-Trek―慧眼―」は、視界を隠すことなく映像を表示する眼鏡型のHMD(ヘッドマウントディスプレイ)だ。

photo 「モバイル Eye-Trek―慧眼―」試作機

 この試作機には従来のHMDのようにバッテリーや映像出力と接続するコードがない。眼鏡のつるの部分に無線モジュールとバッテリーを内蔵することで、完全ワイヤレス化を実現したのが大きな特徴。映像は眼鏡の右側に設置された「光学バー」からレンズを介して表示される。

photophotophoto 右側のつるが分厚いのは、バッテリーと無線モジュールを内蔵しているため(左)。映像を映し出す光学バー(中央)。この光学バーは「瞳分割方式シースルー光学系」とよばれる独自技術を採用している。バーの幅を瞳孔径より小さくすることで、バーに覆われた部分の視界も確保できるという(右)

 無線通信には、省電力性に優れた独自の2.4GHz帯通信方式を採用し、専用アダプタを取り付けたPCやスマートフォンから送られてくる映像を表示することができる。投影部の素子は11.3万画素。映像は50センチ先の3.8インチ画面に相当する、比較的小さなものだ。

photo 眼鏡レンズの右側には、このような映像が表示される。投影部の素子は11.3万画素。コンパクト・省電力を優先した結果で、技術的にはより高解像度にすることも可能だという

 Eye-Trekというブランド名は、同社が1998年から2002年まで生産していた家庭用HMDに付けられていたもの。気軽に大画面を楽しめるAV機器として販売されていたが、今回のHMDは、そのスペックからもわかる通り、これまでの製品とは開発の意図が異なる。テーマは「インスパイア型ユビキタス」だ。

“気づき”で人を豊かに

 「これまでのユビキタスは“いつでもどこでも便利で快適”がテーマだが、それだけで人の生活は豊かになるのだろうかという疑問があった」と、開発メンバーである同研究所・上席研究員の龍田成示氏は話す。便利さに依存する社会には、人の気力や活力が失われてしまう“負の面”もある。インスパイア型ユビキタスは、ただ便利なだけでなく、ユーザーが能動的に行動したくなるような“気づき”情報を提供することで、生活をより活発で豊かなものにすることが目的だ。

 インスパイア型ユビキタスでは、体に取り付けたセンサーやGPSのデータから、ユーザーの行動や健康・心理状態などを予測し、それにあわせた“気づき”情報を提供する。例えば、運動不足を解消したくても、ついエスカレーターを使ってしまう人に、階段のある位置をタイミングよく提示して気づかせるといった具合だ。その情報を表示するディスプレイとして、より気軽に身につけられるHMDが必要だった。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.