ニュース
» 2007年10月25日 10時13分 UPDATE

FPD International 2007:薄型テレビは“超薄型”へ

最近、にわかに注目を集めている超薄型液晶テレビ。「FPD International 2007」では、シャープが試作機の1つである「屏風」を展示して常に人垣が絶えないほどの注目を集めているが、他社も負けてはいない。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 シャープビクターの次世代テレビ、そして日立製作所“Wooo”「UTシリーズ」の発表などでにわかに注目される“超薄型液晶テレビ”。横浜・みなとみらいのパシフィコ横浜で開催中の「FPD International 2007」では、シャープが試作機の1つである「屏風」を展示して常に人垣が絶えないほどの注目を集めている。しかし、他社も負けてはいない。

photo シャープブースでは「屏風」が大人気。薄型テレビで室内の空間を仕切るという新しい提案で、これもテレビが超薄型になればこそ。一方、残念ながら日立ブースにUTシリーズは展示されていなかった

 何かと“世界一”が好きなサムスンは、やっぱり展示していた。

 「The World's Thinnest LCD TV」は、40インチの画面サイズがありながら厚さは約1センチという「Ultra Slim 40" TV」だ。バックライトをLEDにして「(従来の)CCFL(冷陰極管)を液晶パネルに近づけると明るさにムラができる問題を根本から克服した」(同社)。そのほかのスペックは、解像度が1920×1080ピクセルで、輝度は450カンデラ。LEDバックライトの採用による最大90ワットという省エネ性能も特徴だ。

photophoto サムスンの「The World's Thinnest LCD TV」。厚さはわずか1センチ。色域はNTSC比92%

 また従来のCCFLを使ったウルトラスリム液晶もあった。こちらは32インチWXGAで、パネル部の厚さは20ミリ。パネルモジュールの厚さでいえば、日立製作所のUTシリーズと肩を並べることになる。

 一方、LG電子も32インチのスリム液晶パネルを展示した。厚さは14ミリとさらに薄いが、バックライトは白色LEDだ。コントラスト比は1500:1、輝度は450カンデラ、NTSC比92%の色域を持つ。液晶モジュールの重量は5.3キログラム。一般の家庭でも大げさな補強工事なしで“壁掛けテレビ”ができそうなレベルに仕上げた。

photophoto サムスン(左)とLG電子(右)のスリム液晶。バックライトは異なるが、どちらも薄い

 自発光の有機EL方式などのほうが薄型化に有利なのは確かだが、大画面化という点でまだ液晶には及ばない。リビングルーム需要の主力が40インチ以上にシフトしつつある現在、液晶テレビの薄型化と軽量化が“壁掛けテレビ”浸透のカギを握っている。


 「FPD International 2007」の開催期間は26日金曜日まで(10時〜17時)。入場料は2000円となっている。

関連キーワード

有機EL | FED | FPD | 液晶テレビ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.