ニュース
» 2007年11月06日 15時56分 UPDATE

五感がよろこぶ「A&Vフェスタ2008」、2月23日より開催

「A&Vフェスタ2008」の開催日が2008年2月23日〜25日の3日間と発表された。会場には試聴室が多く設けられ、心ゆくまで試聴が楽しめる。

[ITmedia]
photo

 日本オーディオ協会は11月6日、「A&Vフェスタ2008」の開催概要を発表した。次回のA&Vフェスタは2008年2月23日〜25日の3日間、パシフィコ横浜で行われる。開催時間は午前10時〜午後7時(24、25日は午後5時)までで、入場料は無料。

 国内最大級のオーディオ&ビジュアル展示会であるA&Vフェスタは毎年秋に開催されてきたが、今回からは時期を初春へ移し、卒業入学や転居転勤などライフスタイルの変化タイミングでアピールを行う。また、会場はこれまでの展示ホールから、カンファレンスセンターへ移される。その狙いはこれまでの「展示」から「体験」へのシフトだ。

 「ラジオやオーディオといった、音声による情報は飛びつきたくなるほどの存在ではなくなったのが現状であり、“オーディオ”のポジションは低下してしまっている。そうした状況下では、A&Vフェスタもそのスタイルを変えるべきであり、今回は“自分の音を見つけられる”場所としてアプローチする」(日本オーディオ協会 会長 鹿井信雄氏)

 会場をカンファレンスセンターへ移したことで、個室のリスニング&シアタースペースが多く確保されており、来場の際には静かな環境での試聴を心ゆくまで楽しめる。従来タイプの製品展示スペースも用意されており、参加各社・団体(11月6日現在は51社・団体)の最新製品をチェックできる。

photophoto 同じくパシフィコ横浜での開催ながらも会場はカンファレンスセンターへ。試聴室が多く設置される

 イベントについても、工作教室(スピーカー工作教室・テルミン工作教室)や「自作オーディオ自慢大会」など参加型の催し物を多数用意する。そのほか、著名人を招いての講演やトークショーなども行われる予定となっている。

 単なる展示会、単なる試聴会ではなく、来てもらえるお客さんにどのような価値を提供できるか。お客さんが十分に、試聴・体験・体感できるイベントを目指していく、とは日本オーディオ協会 副会長の校條亮治氏。

 来場者には各日先着500名にオリジナルトートバックがプレゼントされるほか、会場内にはAV関連製品が当たる抽選コーナーが設けられる。同協会では会期中に4万人に動員を見込む。

photophoto A&Vフェスタ2006の様子

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.