ニュース
» 2007年11月26日 20時24分 UPDATE

特定人物を発見・通報する警備ロボット

綜合警備保障は、顔認証機能を搭載した警備ロボットシステム「リボーグQ」を「2007 国際ロボット展」に出品する。登録した特定人物を見つけると、スナップ写真を撮影して警備員に通報。

[ITmedia]
photo

 綜合警備保障(ALSOK)は11月26日、警備ロボットシステム「リボーグQ」に顔認証機能を搭載したと発表した。11月28日から東京ビッグサイトで開催される「2007 国際ロボット展」の会場でデモンストレーションを行う。

 オムロンの「OKAO Vision」(おかおビジョン)を搭載。巡回などの警戒中に、登録した特定人物を見つける(認識)と、スナップ写真を撮影して警備員に通報する仕組みだ。ショッピングセンターや空港、百貨店など不特定多数の人が訪れる場所において、警備の質を高めることができる。ALSOKでは、常駐警備先で実証試験を行い、2008年度には実用化する方針だ。

photo

関連キーワード

ロボット | 認証 | オムロン


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう