ニュース
» 2007年12月04日 13時39分 UPDATE

松下、昨年のレコーダーも「ダビング10」をサポート

パナソニックが同社製ハイビジョンレコーダーの「ダビング10」対応予定を発表した。これには2006年モデルの「ブルーレイディーガ」や「ハイビジョンディーガ」も含まれている。

[ITmedia]
photo 写真は2006年モデルの「DMR-BW200」

 パナソニックは12月3日、コピーワンスの規制緩和である「ダビング10」について、同社製ハイビジョンレコーダーの対応予定を発表した。既に同規格対応を表明していた2007年モデルにくわえ、2006年モデルの「ブルーレイディーガ」や「ハイビジョンディーガ」も含まれている。

 同社が明らかにした対応予定機種は下記の通り。バージョンアップの詳細については、「ダビング10番組」の放送開始時期が決まった段階で改めて発表する予定。

2007年モデル

種別 機種名
ブルーレイディーガ DMR-BW900、DMR-BW800、DMR-BW700
ハイビジョンディーガ DMR-XW300、DMR-XW100、DMR-XW200V、DMR-XW51、DMR-XW31、DMR-XW41V、DMR-XP11、DMR-XP21V

2006年モデル

種別 機種名
ブルーレイディーガ DMR-BW200、DMR-BR100
ハイビジョンディーガ DMR-XW50、DMR-XW30、DMR-XW40V、DMR-XP10、DMR-XP20V

 なお、2006年度以前の機種は従来通りコピーワンス対応のまま使用できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.