ニュース
» 2008年01月08日 06時26分 UPDATE

2008 International CES:「Cellテレビ」、登場は意外に早い?

東芝がテレビなど家庭用AV機器へCellプロセッサを導入した際のモデルケースを展示している。意外に「Cellテレビ」の登場は近いのかもしれない。

[渡邊宏,ITmedia]

 International CESの東芝ブースには新発表の北米向けREGZAの新モデルが多数展示されて、メインステージの眼前にはHD DVDタイトルの“ツリー”もそびえ立っているが、注目なのがCellプロセッサを利用したデモ。いわば「Cellテレビ」とも呼べる存在のものだ。

 同社はCEATEC JAPANでもSD解像度の映像をHD解像度にCellプロセッサを用いてリアルタイムにアップコンバートするデモを行っているが、今回はそのアップコンバートデモに加え、48本分のSD解像度の映像をリアルタイムに同時にエンコードし、1画面に映し出すデモを行っている。

photophoto SD解像度の映像をHD解像度へアップコンバートするデモ。同様のデモはCEATEC JAPANでも披露されているが、今回はさらにHD画面の一部を切り出して拡大するというデモも追加されている
photophoto 今回新たに披露された、SD映像の48本同時リアルタイムデコード。HDDに収納されたMPEG-2の映像をリアルタイムでデコードし、46V型の画面へ8×6の48分割して映し出している

 あくまでもCellを家庭用AV機器に搭載した際にどのようなアプリケーションが有用かということを検証する展示ではあるが、同社は以前からCellを用いた映像処理の研究を行っているほか、2007年9月にはCellの技術を用いた画像処理コプロセッサ「SpursEngine」も開発しており、家庭用AV像機器へのCellプロセッサ実装は十分に可能性があると言える。

 今回のデモの範囲ではまだプロセッサパワーに余裕はあり、純粋なプロセッサパワーだけを問題とするならば、現時点でもデモ以上の本数のリアルタイムデコードも可能だ。SpursEngineと比較しても「はるかに上」(同社)のパフォーマンスを発揮することが可能であり、48本リアルタイムデコードについてもSpursEngineではデコード自体は行えるものの「リアルタイムとは呼べない状態なってしまう」そうだ。

 CellのAV機器実装について、現在の最大の課題は熱対策だという。Cellは90ナノプロセスルールで製造が開始され、現在はより発熱が少ない65ナノへのシュリンクが進められている。今回のデモ機材は90ナノプロセスルールのCellにて動作しているが、プロセッサパワーに余力を残した状態でも冷却ファンが必要になるほどの発熱があるという。

 AV機器は、PCやゲーム機に比べてより高いレベルでの静音性・耐久性が求められる。ただ、発熱については65ナノ版ならばかなり改善される可能性があり、その65ナノ版は2007年3月にIBMが生産を開始している。今回のデモで同社が模索している“Cellのパワーでどのようなユーザーメリットを提供できるか”に解答が見つかれば、その際には「Cellテレビ」が出てくるのだろう。その登場は意外に早いのかもしれない。

関連キーワード

CES | Cell | 東芝


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.