ニュース
» 2008年01月08日 17時18分 UPDATE

2008 International CES:もう1つの“1.5インチ” 日立が超薄型50型PDPを公開

日立製作所がCESの同社ブースでプレスカンファレンスを行い、液晶テレビ「UTシリーズ」を今年第2四半期に北米市場に投入すると発表した。また、同じく厚さ1.5インチの50V型プラズマテレビのプロトタイプを公開している。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 日立製作所の米国法人(Hitachi America)は1月7日(現地時間)、厚さ3.5センチ(1.5インチ)の液晶テレビ「UTシリーズ」を今年第2四半期に北米市場に投入すると発表した。また、同じく厚さ1.5インチの50V型プラズマテレビのプロトタイプを同社ブースで公開している。

photophoto ずらりと並ぶUTシリーズ(左)。背面のロゴは「Wooo」ではなく「HITACHI」になっている(右)
photophoto 厚さ1.5インチの50V型プラズマテレビ(左)。CEATECで注目を集めた19ミリ厚の液晶テレビ試作機も展示した。バックライトはLEDだ

 プロトタイプはALISパネルを採用しており、解像度は1280×1080ピクセル。UTシリーズと同様のフロアスタンドタイプが展示され、同社が掲げる「レイアウトフリー」の一翼を担う製品であることが伺える。ただし、放熱機構には改善の余地があり“壁ピタ”設置はまだ無理だという。なお製品化について同社では、「今後も技術開発を進め、2009年の実用化を目標にしたい」と話している。

関連キーワード

液晶テレビ | 日立製作所 | プラズマ | CES | ALIS


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう