ニュース
» 2008年01月09日 18時37分 UPDATE

2008 International CES:「Everio」に7メガCCD&1.3インチHDD搭載モデル

ビクターの北米市場向け新製品内覧会では、HDD搭載カムコーダー「Everio」シリーズでもバラエティに富んだラインアップが披露された。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 日本ビクターの米国法人であるJVC Company of Americaは、「2008 International CES」に合わせてラスベガス市内にあるホテルで新製品内覧会を催した。液晶テレビ関連の新製品は別記事で紹介したが、HDD搭載カムコーダー「Everio」もバラエティに富んだラインアップを披露していた。

 まずは、総画素数738万の1/2.5インチCCDを搭載した上位モデル「GZ-MG740」。初の1.3インチHDD(40Gバイト)を内蔵し、従来機に比べ約11%の小型化に成功した。HDD容量が30Gバイトとなる姉妹機「GZ-MG730」もラインアップしている。

photo HDD容量が30Gバイトの「GZ-MG730」。レンズは光学10倍ズーム。micro SDカードスロットも備える。

 CCDが大型化したことで、撮影時の感度が向上。ノイズの少ないクリアな映像を実現したという。静止画撮影もスチルカメラに匹敵する700万画素(3072×2304ピクセル)記録が可能になった。

 「Laser Touch Operation」と呼ばれる新しいユーザーインタフェースも特徴だ。液晶ディスプレイを開くと、画面の左に縦長のタッチセンサーを装備しており、指をスライドさせると画面がスクロールする仕組みだ。ただし日本での販売は未定だ。

photophoto スリムな「GZ-MG330」。「ダイヤモンドシルバー」など3色揃えた。クレードルが付属する「GZ-MG335」(右)もラインアップ

 「GZ-MG330」は、従来通りの1.8インチHDD(容量は30Gバイト)を搭載しながら、本体をスリム&軽量化したコンパクトムービー。主に女性層をターゲットにしており、日本時間の1月9日には国内モデルが発表されている(関連記事)。

 ただ、北米版にはクレードルが付属せず、カラーバリエーションも「ダイヤモンドシルバー」など国内とは若干ながら仕様が異なるもよう。クレードル付きのモデルは「GZ-MG365」という型番で別途用意されていた。

photophoto 「GZ-MG360」はMG330と基本機能は同一ながら60GバイトのHDDを搭載している(左)。DVDライターの新製品「CU-VD3」。北米版はブラックカラーを採用している(右)

関連キーワード

日本ビクター | CCD | CES


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう