ニュース
» 2008年01月10日 20時27分 UPDATE

音楽をより身近に――ヤマハ、iPodドック搭載の一体型オーディオシステム

ヤマハが、リビングやベッドサイドで気軽に高音質の音楽を楽しめるデスクトップオーディオシステム「TSX-100」を発表。CDプレーヤー、iPodドック、FM/AMクロックラジオ、スピーカーを一体化。

[ITmedia]

 ヤマハは1月10日、リビングやベッドサイドで気軽に高音質の音楽を楽しめるデスクトップオーディオシステム「TSX-100」を発表した。2月下旬から発売する。価格はオープンで、市場想定価格は6万5000円前後。

photophoto デスクトップオーディオシステム「TSX-100」。カラーはブラック(左)とシルバー(右)の2色をラインアップ

 欧米では一般的なクロックラジオ機能装備の一体型オーディオシステムに、iPodドック機能を組み合わせた「Music Clockシリーズ」の第1弾製品。

300(幅)×141.5(高さ)×200(奥行き)ミリ・重さ2.7キロのコンパクトボディに、スロットイン型CDプレーヤー(MP3、WMA再生可)、iPodドック、FM/AMクロックラジオ、高音質ステレオスピーカーを一体化した。

 チタンコーンを採用した45ミリ口径の高性能スピーカーユニット、同社独自の低音再生技術「ツインSR-Bass」、総合最大出力12ワット+12ワットのハイパワーアンプなどで、クリアで迫力ある高音質再生を実現。内蔵のクロックには、2つの異なるアラーム時刻を管理できるデュアルアラーム機能を装備した。アラームクロックやオーディオ機能の操作に加え、ドックにセットしたiPodのコントロールも離れた場所から行えるカードリモコンを付属する。

関連キーワード

オーディオ | ipod | ヤマハ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう