ニュース
» 2008年01月11日 14時50分 UPDATE

日立マクセル、トリプルパワーの新アルカリ乾電池「ダイナミック・ボルテージ」

日立マクセルが、アルカリ乾電池の新シリーズ「ダイナミック・ボルテージ」を発表。同社従来製品比で約120%の長寿命を達成。

[ITmedia]

 日立マクセルは、アルカリ乾電池の新シリーズ「ダイナミック・ボルテージ」を発表した。2月25日より販売を開始する。価格はオープン。

photo

 「瞬時に大きな電流を生み出す“瞬発力”、大きな電流をスムーズに流せることにより得られる“大馬力”、そしてあらゆる機器において必要とされる安定した電流を維持する“持久力”を兼ね備えたトリプルパワーのアルカリ乾電池」(同社)。

 同社の高性能アルカリ乾電池「イプシアルファ」で採用している微粒亜鉛粒子「MICROZINC(ミクロジンク)」をさらに改良した「新MICROZINC」を負極材に配合。この新素材で電気をより作りやすく流しやすくする技術「MOREテクノロジーIII」によって、同社従来品(アルカリ乾電池「ダイナミック」)に比べて約120%の長寿命を達成したという。

photo

 電池本体には大電流をイメージさせる稲妻をモチーフにしたデザインを採用。また、電池本体のサイズ表記では黒色の本体に白色の大きなフォントとすることで視認性を向上させたほか、逆接続防止のため左右非対称のデザインとしプラス極のマークを大きく表示するなど、ユーザーの使いやすさに配慮したユニバーサルデザインを取り入れている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう