ニュース
» 2008年01月18日 17時24分 UPDATE

オーエス、アスペクト比16:10のスクリーンをラインアップ

オーエスは、最近のPCやデータプロジェクターに多いワイドパネルに適したアスペクト比16:10のスクリーンを発売する。

[ITmedia]
photo

 オーエスは1月17日、アスペクト比16:10のスクリーンを販売すると発表した。最近のPCやデータプロジェクターに多いワイドパネルに対応したもの。1月21日から受注を開始する。

 最近のPCはワイドパネルを搭載していることも多く、1280×800(WXGA)など16:10のアスペクト比になっている。このため、16:9のスクリーンに表示すると上下にはみ出したり、縦方向に圧縮した映像(プロジェクターで圧縮処理した場合)になることがあるという。

 新製品は生地にゲイン0.9の拡散型スクリーン「WG103」を採用。スプリング式と電動式で計8モデルを揃え、2月1日に出荷する予定だ。価格と詳細は下表の通り。

型番 概要 投写エリア 重量 価格
AM-082W-053 スプリング式 1771×1106 8.4キロ 8万4000円
AM-102W-025 スプリング式 2214×1384 10キロ 10万5000円
EG-082W00-053 電動式 1771×1106 8.8キロ 23万6250円
EG-082W01-053 電動式 1771×1106 8.8キロ 23万6250円
EG-082W02-053 電動式 1771×1106 8.8キロ 25万2000円
EG-102W00-025 電動式 2214×1384 10.4キロ 24万6750円
EG-102W01-025 電動式 2214×1384 10.4キロ 24万6750円
EG-102W02-025 電動式 2214×1384 10.4キロ 26万2500円

関連キーワード

プロジェクタ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.