ニュース
» 2008年01月18日 17時40分 UPDATE

エムピオ、SDHC対応プレーヤー「MG200」に“白モデル”追加

エムピオ・ジャパンは、フラッシュメモリタイプのデジタルオーディオプレーヤー「MG200」シリーズに“白モデル”3製品を追加する。

[ITmedia]
photo 「MG200」シリーズの白モデル

 エムピオ・ジャパンは、フラッシュメモリタイプのデジタルオーディオプレーヤー「MG200」シリーズに“白モデル”3製品を追加する。1月24日に発売する予定で、価格はいずれもオープンプライス。直販価格は1Gバイトの「MG200-1GW」が7980円、2Gバイトの「MG200-2GW」が9980円、4Gバイトの「MG200-4GW」は1万2980円。

 MP3/WMA(Windows DRM10対応)に対応したオーディオプレーヤー。AVI/MPG/VOB/WMV/ASFの各動画ファイルも添付ソフトで変換することにより、本体の有機ELディスプレイで鑑賞可能だ。有機ELディスプレイのサイズは1.5インチ(128×128ピクセル)。

 本体上部にはSDメモリーカードスロットが用意されており、2GバイトまでのSDメモリーカードならびに8GバイトまでのSDHCメモリーカードを装着することでメモリ容量を増やすことができる。

 そのほか、内蔵マイクによるボイスレコーディング機能、録音可能なFMチューナー、5段階に調整可能な再生スピードコントロール機能、A- Bリピート機能なども備える。

 本体サイズは39.1(幅)×85.6(高さ)×10.8(厚さ)ミリ、42グラム。電源は内蔵リチウムイオンバッテリーで、約2時間の充電で最大18時間(音声再生時)/最大約4時間(動画再生時)の利用が可能だ。

関連キーワード

SDHC | オーディオ | MP3 | WMA


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう