ニュース
» 2008年01月22日 14時11分 UPDATE

オリンパス、高速&大容量のxD-ピクチャーカード「Type M+シリーズ」

オリンパスはデジタルカメラ用の記録メディア「xD-ピクチャーカード」の新製品として、高速記録に対応した「Type M+シリーズ」を発表した。1Gバイトと2Gバイトの2製品を2008年春に発売する。

[ITmedia]
photo 「Type M+シリーズ」の2Gバイト版「M-XD2GMP」

 オリンパスイメージングは1月22日、デジタルカメラ用の記録メディア「xD-ピクチャーカード」の新製品として、高速記録に対応した「Type M+シリーズ」を発表した。2008年春に1Gバイトの「M-XDGMP」と2Gバイトの「M-XD2GMP」を投入する予定だ。価格はオープンプライス。

 従来の「Type M」シリーズに比べ、1.5倍の高速書き込みを実現した高速記録メディア(転送速度は非公開)。同社製デジタルカメラの一部機種と組み合わせた場合、VGA(640×480ピクセル)/30fpsのSHQモードの動画撮影をカード容量いっぱいまで連続して行えるようになった。同社製xDピクチャーカードでは、より高速な「Type H」もラインアップされているが、こちらは256Mバイトおよび512Mバイトまでとなっている。

 なお、カードのパッケージに同梱されているIDナンバーを同社製画像管理ソフト「OLYMPUS Master」に入力することで、デジタルカメラで撮影した画像を油絵や水彩画風に加工できるアート機能と、3D画像に加工できる3D機能が使用できるようになる。

関連キーワード

μ | オリンパス | デジカメ | CAMEDIA


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう