ニュース
» 2008年01月24日 13時00分 UPDATE

動体検知搭載のPoweShot Aシリーズ「A590 IS」「A580」

キヤノンが豊富な機能と利便性を両立したPoweShot Aシリーズの新製品を発表。動体検知技術「モーションキャッチテクノロジー」が追加され、より使いやすさが高められた。

[ITmedia]

 キヤノンは1月24日、コンパクトデジカメ“PowerShot Aシリーズ”の新製品、「PoweShot A590 IS」「PoweShot A580」を2月下旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格はPoweShot A590 ISが2万5000円前後、PoweShot A580が2万2000円前後。

photophoto 「PoweShot A590 IS」(左)、「PoweShot A580」(右)

 昨年2月に発表された「PowerShot A570 IS」「PowerShot A560」の後継モデル。撮像素子を7.1メガから8メガへアップさせつつ、同時発表された「IXY DIGITAL 20 IS」と同様、カメラと被写体の動きを自動検知する動体検知技術「モーションキャッチテクノロジー」を搭載することで手ブレ・被写体ブレを低減する。

 顔認識機能「フェイスキャッチテクノロジー」を利用した顔優先AF/AE/FE/WB、赤目補正も引き続き備える。認識した任意の顔を追尾させる「顔セレクト」を新搭載している。上位機種のPoweShot A590 ISは“IS”が示すように、レンズシフト式の手ブレ補正機能もあわせて備えている。

photo 背面液晶は2.5インチ

 「AUTOよりもさらに簡単撮影」を提供する「らくらくモード」を新搭載。本体上部のダイヤルをらくらくモードにあわせるだけで標準/マクロの切り替えや顔認識に基づくストロボ発光量の調整、動きの激しい被写体に対してのISOブーストなど、被写体に応じての最適な設定をカメラが自動設定してくれる。液晶画面に表示されるアイコンも最小限度となるほか、このモードの利用時にはシャッターボタン/ズームレバー/ストロボボタンのみしか機能しないなど、誤操作を防ぐ仕組みも取り入れられている。

 PoweShot A590 ISには加えて、流し撮りを行う「流し撮りモード」や絞り値やシャッタースピードを任意の値に設定できる「クリエイティブゾーン」なども用意されており、仕上がりに自分に意図を反映させたいユーザーの要望に応えている。

 レンズはいずれも35ミリ換算35〜140ミリの光学4倍ズームレンズ(F2.6-F8.0)。映像エンジンは「DIGIC III」で、最高ISO 1600の高感度撮影が行える。電源は単三形アルカリ乾電池もしくは単三形ニッケル水素電池で、単三形ニッケル水素電池NB4-300利用時には約500枚の撮影が行える(CIPA規格)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう