ニュース
» 2008年01月30日 15時42分 UPDATE

ソニー、高性能デジ一眼向け35ミリフルサイズCMOSを開発

ソニーがデジタル一眼レフカメラ向けの35ミリフルサイズCMOSセンサーを開発。本年度中には量産開始される予定だ。

[ITmedia]
photo 35ミリフルサイズCMOSセンサー

 ソニーは1月30日、デジタル一眼レフカメラ向けの35ミリフルサイズCMOSセンサーを開発したと発表した。本年度中に量産開始される予定で、同社デジタル一眼レフカメラ「α」シリーズへの搭載が期待される。

 新開発されたCMOSセンサーのサイズは2.7型(対角43.3ミリ)で有効画素数は約2481万画素(総画素数は約2572万画素)。12ビットA/Dコンバーターを内蔵しており、変換には独自のカラムA/D変換(列並列A/D変換)方式を採用することで、ノイズによる画質劣化の低減と、読み出し速度の高速化を図っている。

関連キーワード

α | ソニー | デジタル一眼レフカメラ | CMOS


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう