ニュース
» 2008年01月31日 17時55分 UPDATE

日立、多入力対応のAV機器向け19インチワイド液晶など2モデル

日立リビングサプライは、各種AV機器接続向けとなる17インチ液晶ディスプレイ「17LM-1」および19インチワイド液晶モデル「19LM-W1」を発表した。各種ビデオ入力のほか、19インチモデルはHDMI入力も装備する。

[ITmedia]
photo 19LM-W1(左)、17LM-1U(右)

 日立リビングサプライは1月31日、17インチ液晶ディスプレイ「17LM-1」および19インチワイド液晶モデル「19LM-W1」を発表、3月下旬より順次発売する。価格は双方オープン。

 17LM-1および19LM-W1は、各種AV機器やPCとの接続に対応する液晶ディスプレイで、17LM-1は1280×1024(SXGA)表示対応の17インチモデル、19LM-W1は1440×900ドット表示対応の19インチワイドモデルとなっている。

 入力インタフェースはコンポーネントビデオ×1、コンポジットビデオ×1、およびアナログD-Sub×1を装備するほか、19LM-W1はHDMI端子も利用可能だ。表示スペックは、応答速度が5ms、輝度が300カンデラ/平方メートル。コントラスト比は17LM-1が800:1、19LM-W1が1000:1となっている。

関連キーワード

ディスプレイ | HDMI | コントラスト


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう