連載
» 2008年02月04日 10時21分 UPDATE

新作DVD情報:とびきり刺激的なタランティーノ新作――「デス・プルーフ」

変態殺人鬼とセクシーな女子たちのスリリングな攻防戦。タランティーノが愛してやまない70年代B級映画を自分流に再現した痛快作!

[本山由樹子,ITmedia]

デス・プルーフ プレミアム・エディション

photo

 クエンティン・タランティーノ監督とロバート・ロドリゲス監督によるコラボ企画“グラインドハウス”。グラインドハウスというのは、1970年代を中心に米国でブームとなり、インディーズの低予算B級映画ばかりを2本立てや3本立てで上映していた映画館を指す。

 タランティーノの誰にも負けない映画愛が生まれたのは、グラインドハウス系の映画を浴びるように見たから。そして朋友ロドリゲスと組み、あえてB級感あふれる映画を自分流で製作した。それがタランティーノの「デス・プルーフ in グラインドハウス」と、ロドリゲスの「プラネット・テラー in グラインドハウス」の2作品だ。

 今回紹介するのはタランティーノの「デス・プルーフ」。2枚組のプレミアム・エディションとして2月22日にDVDリリースされる。

 特典はタランティーノから日本のファンへのスペシャル・メッセージ、タランティーノとスタッフが語る「デス・プルーフ」の魅力、超絶カースタントの舞台裏、キャラクターやキャストについて、編集者サリー・メンケについて、「Double Dare」予告篇(ゾーイ・ベル出演ドキュメンタリー)、日本版劇場予告篇&TVスポット集、インターナショナル版予告篇などを収録。

 なお、ロドリゲスの「プラネット・テラー」と、「デス・プルーフ」と「プラネット・テラー」をセットにした「グラインドハウス コンプリートBOX(初回限定生産)」(9975円)は3月21日にDVDリリースされる。

 テキサスの田舎町で、ラジオのDJとして人気を集めるジャングル・ジュリア(シドニー・タミーア・ポワチエ)と、彼女の女友達の前に、自称スタントマンの中年男マイク(カート・ラッセル)が近づいてきた。だが、彼は目をつけた女性をストーキングし、どんな衝撃にも耐えられるデス・プルーフ(耐死仕様)を施した改造殺人シボレーで殺すのが好きという変体殺人鬼だった。

 わざとフィルムに傷をつけ、グラインドハウス映画の匂いを醸し出す。前半はサイコなスタントマンが女たちを血祭りに上げ、後半はクールなスタントウーマンのゾーイ・ベル(『キル・ビル』でユマ・サーマンのスタントを務めた)たちの壮絶な反撃がスタートする。

 CGなしの空前絶後のカーチェイスが五感を刺激し、ストーリーとはまるっきり関係のないマニアックな映画話やガールズトークが延々と垂れ流される。B級映画万歳、タランティーノ万歳なパンチの効いた痛快作!

関連サイト:http://www.grindhousemovie.jp/(公式サイト)

この作品を購入したい→amazon.co.jp

デス・プルーフ プレミアム・エディション
発売日 2008年2月22日
価格 3990円
発売元 ブロードメディア・スタジオ
販売元 ジェネオン エンタテインメント
スタッフ 監督・脚本・製作・撮影:クエンティン・タランティーノ
出演 カート・ラッセル、ロザリオ・ドーソン、ローズ・マッゴーワン、シドニー・ターミア・ポワチエ、ゾーイ・ベル
上映時間 113分(本編)
製作年度 2007年
画面サイズ シネマスコープサイズ・スクイーズ
ディスク仕様 片面2層/2枚組
音声 (1)ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語 (2)DTS/5.1chサラウンド/英語 (3) ドルビーデジタル/5.1ch/日本語
特典 日本のファンへ タランティーノからのスペシャル・メッセージ/タランティーノとスタッフが語る「デス・プルーフ」の魅力〜/超絶カースタントの舞台裏/ゾーイ・ベル  as スタント・ヒロイン/カート・ラッセルasスタントマン・マイク/女性キャストasバッドガールズ/男性キャストas粋なオトコたち8:13“Baby it's you♪”ロングバージョンperformed by M・E・ウィンステッド/偉大な編集者サリー・メンケ/「Double Dare」予告篇(ゾーイ・ベル出演ドキュメンタリー)/日本版劇場予告篇&TVスポット集/インターナショナル版予告篇/スタッフ・キャスト プロフィール/グラインドハウスとは?

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう