ニュース
» 2008年02月07日 17時07分 UPDATE

“魅せる”フレーム、ドンキの20インチ液晶テレビ

ドン・キホーテが液晶テレビ「WS-TV2001W/B」を発売。あえてフレーム幅を広くとることで絵画の額縁のような視覚効果を狙った“魅せる”デザインが特徴。20インチで6万3000円。

[ITmedia]
photo 「WS-TV2001B」

 ドン・キホーテは2月7日、プライベートブランド「bis」の新製品として20.1インチの液晶テレビ「WS-TV2001W」(ホワイト/シャンパンゴールド)、「WS-TV2001B」(ブルーシルバー/パープル)をドン・キホーテ各店にて2月8日より販売開始すると発表した。価格は6万3000円。

 液晶テレビの狭額化が進む中、あえてフレーム幅を広くとることで絵画の額縁のような視覚効果を狙った“魅せる”フレームデザインが特徴。地上デジタル/アナログチューナーを搭載するが、BS/CS放送には非対応。

 液晶パネルの解像度は1680×1050ピクセルで、輝度は300カンデラ/平方メートル。視野角は上下左右160度、コントラスト比は1000:1。インタフェースにはHDMIのほか、D4、D-Sub15ピンなどが用意されている。

 スタンドは手動によるチルト/ターンが可能なタイプがセットされており、調整角度は上/左右が20度、下が3度。本体サイズは493(幅)×425(高さ)×215(高さ)ミリ、6.5キロ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう