連載
» 2008年02月12日 08時47分 UPDATE

新作DVD情報:サトエリが女王様キャラを熱演――「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」

自己チューでまるで女王様のような姉と、彼女にいたぶられている暗い妹、それを見てみぬふりをする兄……。世にも奇妙な家族の物語をどうぞ!

[本山由樹子,ITmedia]

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

photo
(C)2007「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」製作委員会

 エゴや妄想をテーマにした作品を作り続ける劇団、「劇団、本谷有希子」が上演した同名戯曲を映画化したブラック・コメディ「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」が2月22日にDVD化される。

 特典は吉田大八監督&本谷有希子(原作者)&吉本菜穂子(審査員役)によるオーディオコメンタリー、メイキング・ドキュメンタリー、カンヌ国際映画祭の模様、未公開シーン集、「和合澄伽、秘蔵映像集」、「待子の人形作りの唄完全収録」、予告・TVSPOT集などを収録。

 自己チューでまるで女王様のような姉と、彼女にいたぶられている暗い妹と、そんな2人を見て見ぬふりをする血のつながらない長兄と、メイドのように従順で人はいいが、この家族になじめない兄嫁。デフォルメされた彼らの個性に唖然としながらも、好奇心からついつい目を離さずにはいられない。

 北陸にある山間部の村。両親が事故で亡くなり、長男の宍道と、次女の清深、宍道の妻・待子の前に、女優を目指して村から逃げるように東京に出ていった長女・澄伽が舞い戻ってくる。

 4年前、澄伽は、上京に反対する父親にナイフで切りつけ、宍道を負傷させた。それでも女優になる夢をあきらめきれず、上京資金を稼ぐために高校生の同級生を相手に売春を始める。そんなエキセントリックな姉を見て、漫画家志望の清深は創作意欲が掻き立てられる。そして、ホラー漫画誌に投稿して、見事、新人賞を受賞。ところが、ウワサは一気に村中を駆け巡り、居場所のなくなった澄伽は東京へ。

 それからというもの、澄伽は何かうまくいかないことがあると、この事件のせいにするのだった。当時、罪悪感に苛まれていた清深は、姉の罵倒や暴力にも耐えていた。そして彼女の帰省によって、清深の悪夢の日々が再び始まろうとしていた……。

 みんな個性的というか、妙なキャラクターばかり。それを、姉役のサトエリこと佐藤江梨子を筆頭に、永作博美、永瀬正敏ら脇を固めるキャストが説得力のある演技でみせている。衝撃的なオープニングから始まり、決してそばにはいてほしくない愉快な(!?)家族の物語を、怖いもの見たさでどうぞ。

関連サイト:http://www.funuke.com/(公式サイト)

この作品を購入したい→amazon.co.jp


腑抜けども、悲しみの愛を見せろ
発売日 2008年2月22日
価格 3990円
発売元 アミューズソフトエンタテインメント
販売元 アミューズソフトエンタテインメント
スタッフ 監督・脚本:吉田大八/原作:本谷有希子
出演 佐藤江梨子、佐津川愛美、永作博美、永瀬正敏、山本浩司、土佐信道(明和電機)、上田耕一、谷川昭一朗、吉本菜穂子
上映時間 113分(本編)
製作年度 2007年
画面サイズ ビスタサイズ・スクイーズ
ディスク仕様 片面2層
音声 (1)ドルビーデジタル/2.0ch/日本語 (2)オーディオコメンタリー
特典 「こうして腑抜けになりました〜メイキング〜」/「澄伽さん、その衣装やりすぎです〜カンヌレポート&舞台挨拶」/未公開シーン集/予告編/特報

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう