ニュース
» 2008年02月19日 13時21分 UPDATE

“全部入りコンパクト”がデザイン一新、リコー「R8」

リコーがコンパクトデジタルカメラ「R8」を発売。“全部入りコンパクト”Caplio Rの後継で、機能は引き継ぎ、「GR」「GX」を連想させるデザインへ一新。

[ITmedia]

 リコーは2月19日、コンパクトデジタルカメラ「R8」を3月7日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は5万円前後。

 広角/マクロに強いことに定評ある「Caplio R」シリーズの最新機種で、「Caplio R7」の後継機種にあたるが、デザインを一新。「GR DIGITAL II」「Caplio GX100」を連想させるソリッドなボディを身にまとった。

photo リコー「R8」
photophoto 本製品を含め、2008年春以降は「Capilo」のファミリーネームを廃し、記号だけのネーミングとすることで“実用的な道具”としてのイメージを訴求していくという

 ボディデザインこそは大きく変更されたが、35ミリ換算28〜200ミリ(F値はF3.3-5.2)の光学7.1倍ズームレンズや広角端1センチ/望遠側25センチまで接近できるマクロ機能、最大4人までを認識する顔認識機能、CCDシフト方式による手ブレ補正機能、ISO1600の高感度撮影機能などは前モデルから継承し、撮像素子は有効815万画素から有効1000万画素へと高画素化、画像処理エンジン「スムースイメージングエンジンIII」もISO感度による色ズレを減少させるなどの改良が施されている。

 操作性も改良されており、Capilo R7では独立していた十字キーとADJ.レバーを統合し、親指1本で素早い操作を可能とした。また、Capilo GX100などで好評だったアスペクト比1:1モードを備えるほか、これまではマクロ撮影時のみ有効だったAFターゲット機能が通常撮影時にも利用可能となるなど、撮影機能も強化されている。

photophoto

 高倍率ズームレンズを搭載しながらもスリムなボディは健在。独自の「ダブルリトラクティングレンズシステム」によって7.1倍ズームレンズを厚さ22.6ミリ(最薄部)のボディに搭載している。縦横は102(幅)×58.3(高さ)ミリ。背面液晶のサイズは2.7型と変更されていないが、23万画素から46万画素へと高画素・高精細化された。

 ボディカラーはブラックとシルバーの2色。前モデルに搭載されたボディ以内編集機能も強化され、ヒストグラムを参照しながらのレベル補正や、グリーン/マゼンダ/アンバー/ブルーの各色をそれぞれ補正するホワイトバランス補正、トリミング機能などを備えている。

photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.