ニュース
» 2008年02月19日 18時33分 UPDATE

BD製品展開は「検討していない」――東芝 西田社長

HD DVD製品の終息を決定した東芝だが、BD製品の展開は「検討していない」という。

[ITmedia]
photo Blu-ray Disc製品の投入は検討していないという同社 代表取締役社長 西田厚聰氏

 東芝は2月19日、同日に行われた取締役会でHD DVD事業の終了を決定、発表した(HD DVD事業終息、東芝が宣言)

 「事業立ち上げ以来、慎重な判断をしてきたが、年度あけから早急な判断を求められる事態が生じてしまった。(HD DVD事業を終息させることは)パートナー企業に対しても苦渋の決断。自社への影響のみならず、複数規格が併存することによる消費者の混乱を収束させるために今回の決断とした」(同社 代表取締役社長 西田厚聰氏)

 HD DVD事業の撤退に際して、消費者対応を行うコールセンターを強化するほか、8年間は関連部品を保存してサポートを行う。同社はHD DVDディスクの製造を行っていないが、ブランクメディアを一般ユーザーが一定期間入手できるよう、ディスク製造メーカーと協議するほか、同社直販サイトでのメディア販売も視野に入れるという。

 「HD DVD製品が引き続き使えるかという問い合わせが多いようだが、利用に際してはまったく問題ない。適切な説明と対応を行っていきたい」

 同社はHD DVD事業について、昨年末までは積極的なニュアンスの発言が多かったものの、いわゆるワーナー・ショック以降は若干トーンが変化していた。しかしながら、基幹事業のひとつと位置づけていた事業の撤退という大きな決断が下された割には、判断スピードが非常に迅速だという印象もぬぐえない。

 西田氏は「ワーナーの判断は寝耳に水。結果として競争として勝ち目のない状況になってしまったのが、判断を早めた理由」と述べ、結果的には、ワーナーの判断に端を発する、BestBuyやWal-Martといった流通側のBDシフトが迅速な決断を促したと言えそうだ。

photo HD DVDドライブを搭載した“VARDIA”「RD-A301」

 同社製HD DVDプレーヤー/レコーダーは日本で約1万台/約2万台が出荷されているが、新製品の開発は行われず、「VARDIA」シリーズにも新たなHDメディア対応機が登場しなくなることになる。そうなると気になるのが、Blu-ray Disc製品を今後展開するかだが、「現在のところ、BD製品を手掛ける予定はまったくない」と西田氏はコメントしている。

関連キーワード

HD DVD | ハイビジョン | Blu-ray | 次世代DVD | 東芝


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.