ニュース
» 2008年02月20日 15時00分 UPDATE

ソニー、着せ替え対応のシンプルウォークマン

USB端子を搭載したシンプルなメモリプレーヤー「ウォークマン E シリーズ」に着せ替え可能な新モデルが登場。

[ITmedia]

 ソニーは2月20日、ウォークマンの新製品として「NW-E020F」シリーズを3月8日より販売開始すると発表した。「NW-E023F」(メモリ1Gバイト)、「NW-E025F」(2Gバイト)、「NW-E026F」(4Gバイト)の3製品が用意され、価格はいずれもオープン。実売想定価格はNW-E023Fが1万1000円前後、NW-E025Fが1万3000円前後、NW-E026Fが1万6000円前後。

 USB端子を内蔵したスティックタイプのウォークマン、「Eシリーズ」の最新機種。昨年4月に発表された、NW-E013/015/016の後継となり、高音質化技術「クリアオーディオテクノロジー」のうちセパレーション機能の「クリアステレオ」と引き締まった低音を再生する「クリアベース」を実装するほか、13.5ミリという大口径の「EXヘッドフォン」が標準で付属する。

photophotophotophoto 「アーバンブラック&シャイニーシルバー」(左)、「ラグジュアリーピンク&ジュエルピンク」(右)
photo

 ボディカラーはホワイトとブラックの2色だが、「Style-Upパネル」とパネルにあわせたUSBキャップを交換することによる着せ替え機構を備えており、気分にあわせて表情を変えることが可能だ。パッケージは「ピュアホワイト&プレシャスゴールド」「ラグジュアリーピンク&ジュエルピンク」「オーシャンブルー&フォレストグリーン」(以上のボディカラーはホワイト)「アーバンブラック&シャイニーシルバー」「ブレイジングレッド&インディゴブルー」(以上のボディカラーはブラック)の5種類が用意される。

 別売アクセサリーとして「ミックスホワイト」「オリエンタルパープル」「キャンディレッド」「ピンクフラワー」「ブルードット」「ブルーストライプ」「グリーンカモフラージュ」「チェックブラック」「ハニカムオレンジ」「バイオレットグリッター」のStyle-UpパネルとUSBキャップが用意される。

photophotophoto 左からブレイジングレッドに付属の「インディゴブルー」装着時、オーシャンブルーに付属の「フォレストグリーン」装着時、ピュアホワイトに付属の「プレシャスゴールド」装着時
photo

 再生可能なファイル形式はATRAC/MP3/WMA/AAC/リニアPCMの5種類だが、DRM処理されたWMAとAAC、ATRAC Advanced Lossless/HE-AACは扱えない。ウォークマン伝統のスタミナ性能も備えており、約1時間の充電で30時間の連続再生が行えるほか、3分充電で3時間再生可能な急速充電も行える。音量を均一化する「ダイナミックノーマライザ」や5バンドイコライザー、FMラジオも備える。

 ジャケットサーチや50音別並べ替えが行える3行表示可能なカラー液晶を搭載。ボディサイズは81.9(幅)×22.1(高さ)×13.8(奥行き)ミリ、28グラム。

 Style-Upパネルのほかにも、レザーケース「CKL-NWE020」、シリコンケース「CKM-NWE020」、クリップ「CLP-NWE020」、アームバンド「CKA-NWE020」、防滴ケース「CKH-NWE020」などのアクセサリーも同時に用意される。

関連キーワード

ウォークマン | ソニー | WMA | デザイン | MP3 | ラジオ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう