ニュース
» 2008年02月21日 16時06分 UPDATE

カシオ、撮影シーンを自動判別するコンパクトデジカメを発表

カシオ計算機が、被写体に適した撮影モードをカメラが自動で選択する「オートベストショット」を搭載したコンパクトデジカメ「EXILIM ZOOM EX-Z200」「EXILIM ZOOM EX-Z100」を発表した。

[ITmedia]

 カシオ計算機は2月21日、ファミリー向けの便利機能を搭載したコンパクトデジタルカメラ2機種を発表した。CCDシフト式の手ブレ補正を備えた上位機種「EXILIM ZOOM EX-Z200」は3月14日から、手ブレ補正を省きコストを抑えた「EXILIM ZOOM EX-Z100」は3月7日から販売を開始する。価格はともにオープンで、実売想定価格はZ200が4万3000円前後、Z100が3万7000円前後。

photophoto
photophoto EXILIM ZOOM EX-Z200はシルバー、ゴールド、ブラック、レッドの4色展開。ゴールド、ブラック、レッドの3色は3月21日から販売する

 誰でも簡単に写真が撮れるよう、新たなオート機能として、撮影シーンをカメラが自動で判別する「オートベストショット」を搭載。人物/風景/夜景/夜景と人物/接写/動く被写体の全6種類の撮影シーンから、被写体に適したものカメラが自動で選び出す。そのほかにも顔認識機能や、笑顔の瞬間やブレが止まった瞬間などを自動で撮影する「オートシャッター」などを装備した。

photophoto
photophotophoto EXILIM ZOOM EX-Z100はシルバー、ゴールド、ブラウン、ブルー、ピンクを展開する。ブルー、ピンクは3月14日に発売

 動画撮影機能には、MOV形式での撮影に加え、H.264/AVCをサポートする「H.264ムービー」を採用しており、高圧縮・高画質な動画撮影ができる。そのほか動画共有サイト「YouTube」に投稿する場合に適した「YouTube撮影モード」も採用した。

photo シンプルな操作パネルを採用した

 レンズには焦点距離28mm〜112mm(35mm判換算)の光学4倍ズームレンズを搭載した。CCDの有効画素数は1010万画素。モニターには2.7インチの「高性能クリア液晶」を採用している。

 SD/SDHCメモリーカード、MMC/MMC plusでの記録に対応するほか、内蔵メモリ(Z200は11.7Mバイト、Z100は12.1Mバイト)に記録することもできる。

 付属のリチウムイオン充電池で約400枚の撮影が可能。Z200の本体サイズは93(幅)×55(高さ)×22.7(奥行き)ミリで、重さは約119グラム(電池、付属品含まず)。Z100の本体サイズは93(幅)×55(高さ)×21.2(奥行き)ミリで、重さは約111グラム(電池、付属品含まず)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう