ニュース
» 2008年02月21日 16時13分 UPDATE

ソニー、ブラビアリンク対応のフロントサラウンドシステム

ソニーが32V〜46Vのブラビアに適したTVラック型シアターシステム「RHT-G900」を発売。ワンボディに5.1chシステムを内蔵しており、気軽にサラウンドを楽しめる。

[ITmedia]

 ソニーは2月21日、テレビラック型の5.1chシアターシステム「RHT-G900」と、ウォークマンの音楽を同社シアターシステムで楽しむためのアダプター「TDM-NW100」を4月21日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は「RHT-G900」が11万円前後、TDM-NW10が6000円前後。

photophoto 「RHT-G900」(左)、薄型テレビ“ブラビア”との組み合わせ例(右)

 RHT-G900は5.1chスピーカーをワンボディに搭載。バーチャルサラウンド技術「S-Force PRO フロントサラウンド」によって、サラウンドバックやサブウーファーを別途設置することなく包み込まれるようなサウンドを再現できる。サイズは約1115(幅)×500(高さ)×400(奥行き)ミリで、32Vから46V型までの「ブラビア」との組み合わせに適している。棚板の高さは3段階に調節可能で、横幅430ミリまでのAV機器を最大4台まで内部に収納可能だ。

 内蔵するアンプは同社独自のフルデジタルアンプ「S-Master」で、出力はフロント70ワット×2、センター70ワット×1、サラウンドバック70ワット×2、サブウーファー120ワット×1。サブウーファーは2つのドライバーユニットが本体底に設置されており、2つのユニットが互いに振動を打ち消すことで、低音再生を損ねることなく床へ不要な振動が伝わるのを防いでいる。

 HDMIコントロール「ブラビアリンク」に対応しており、薄型テレビ“ブラビア”に付属するリモコンの「シアター」ボタンを押すだけで音声出力がテレビから本製品側に切り替わり、音量調整や電源のON/OFFもテレビのリモコンで行える(対応機種はX5050/X5000/W5000/F1/V1/J1/V5000/V3000シリーズ)。デジタル放送視聴時には、EGPから放送内容を判別して自動的に「MOVIE」や「MUSIC」などの再生モードを適用する「オートジャンルセレクター」も利用できる。オートジャンルセレクターに対応するのは同時発表されたF1/V1/J1シリーズのみとなっている(関連記事)

 対応フォーマットはドルビーデジタル/DTS/ドルビープロロジック/ドルビープロロジックII/MPEG-2 AAC/リニアPCM(2ch/5.1ch/7.1ch)。リニアPCM 7.1chのソースについては5.1chにダウンミックスされる。

 入力インタフェースはHDMI×3/光デジタル音声×3/同軸デジタル音声×1/アナログ音声×1。TDM-NW10を接続するための「デジタルメディアポート」も1系統備えている。出力はHDMI×1のみ。

photo 「TDM-NW10」

 TDM-NW10はウォークマンを同社製シアターシステムに接続するためのクレードル一体型アダプターで、利用することでウォークマンの音楽をシアターシステムで楽しめる。ウォークマンの充電も可能で、対応するウォークマンはNW-A820シリーズ/NW-A910シリーズ/NW-S710F・610Fシリーズ/NW-A800シリーズ/NW-S700F・S600シリーズ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.