ニュース
» 2008年02月24日 18時02分 UPDATE

自分の音がみつかる:エンドユーザーに近づいた「A&Vフェスタ2008」 (1/2)

オーディオ&ビジュアルの総合展示会「A&Vフェスタ」がパシフィコ横浜で開催されている。今回は“体験型”イベントに注力したぶん、参加社の数や最新技術の披露といった点では物足りない印象も受けるが、お目当ての製品をじっくり試聴する良い機会になりそうだ。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 オーディオ&ビジュアルの総合展示会「A&Vフェスタ」が2月23日に開幕した。2006年までは秋に開催されていたA&Vフェスタだが、今回から新生活シーズンを控えたこの時期に変更。会場もパシフィコ横浜の展示ホールから国際会議場へと移し、リスニングルーム中心の“体験型”イベントに変わった。

photophoto 会場はパシフィコ横浜の国際会議場

 国際会議場の3〜4階には参加各社の試聴室やシアタールームが並び、30分〜1時間ごとにデモンストレーションや講演会のスケジュールが組まれている。例えばソニーやパイオニアは、オーディオとシアターシステムをテーマにした2つのリスニングルームを用意。パイオニアは、1月の「International CES」で公開したモノラルアンプ試作機でTADの「ReferenceOne」を駆動させる部屋と、ハイエンドAVアンプ「SC-LX90」のサウンドを体験できる部屋を設けた。

photophoto TADの試聴室の様子(左)と新型モノラルアンプ(右)

 またソニーでは、リニアPCMレコーダー「PCM-D50」で実際の演奏を生録するセッションを用意するなど、製品を手にとって性能を実感できる内容だ。このほか、dts JapanのDTS-HD Master Audio試聴室ではBDのデモディスクがもらえるなど、嬉しいサービスも盛りだくさん。どの部屋も開場前には行列ができる人気ぶりだ。

photophoto 展示フロアにブースを構えていないパナソニックは、試聴室の一角で先日発表された新製品「DMR-BR500」を披露。DMR-BW700からi.Link端子を省略し、シングルチューナー化した廉価モデル。またハイエンドモデル「DMR-BW900」の中身やBlu-rayドライブの分解モデルも展示していた

開発担当者の説明も聞ける展示フロア

 展示フロアでは各社の新製品と試作機に注目が集まる。ソニーは先日発表した“BRAVIA”の薄型モデル「F1」をインテリアと組み合わせて訴求しているほか、ウォークマン「Aシリーズ」などの新製品を多く展示していた。

photophoto ソニーブースのBRAVIA「F1」(左)とウォークマン「Aシリーズ」(右)
photophoto パイオニアブース。同社の歴代スピーカーユニットを展示するコーナーもある(右)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.